影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
よいしょ
 今日もクローズアップ現代で有益な番組をしてましたね

「忘れられる権利はネット社会を変える」というものでした。
自分が以前にアップした個人情報が、ネット拡散。
ツィスターでのあるタレントでの誹謗がネットで拡散

自分も覚えありますよ。
タレントの悪口というか、批判的な記事を書くと、攻撃されたことがありますし、どこぞで、その記事を引用されてしまいましたわ。
ただし、この番組のAさんと違い、自分には、大した個人情報がなく、大過なく過ぎているようです。
でも、ブログを続けていく方向性については考えさせられました
止めた方が安全であるのは、言うまでもない

この番組のAさんみたいに、個人情報を調べられるのは本当に怖いですね
よく2ちゃんえるでも、ゆるいところでも、個人を誹謗する記事を目につきますが、怖いですね

自分がこういった誹謗記事について疑問に思うのは、書いてある記事をちゃんと読まないで、だいたいの思惑で攻撃されるのですわ。

それでも、しつこくブログを書いている自分は、アホなんでしょうなあ。

忘れられる権利を認める動きが現実にあります
しかし、個人情報を削除するのは、困難だということです。
それは、そうです。

サイトの管理者に持ち込んでも、匿名なので、難しいらしい

表現の自由の壁。

近年の情報技術の発展
Aさんも、友達にメールする気持ちくらいで、ツィスターしたみたい

人事採用でインターネットで検索して、採用んp可否の判断とするらしい。

消すのには、手間がかかるし、世界中に発信されてしまう。
若い時の日記が、そのまま消せない。
若気の至りが許されないということです


ヨーロッパでは、忘れられる権利の制定の動きあり

フランスで裁判が行われてます
若い時撮影したヌード映像が、30万もの映像に拡散
検索サービスでシャットを目指す。
グーグルに向けて削除するように裁判

判決は、ディアナさんの勝訴
個人の情報は、個人の意志で消去されるべきだ。

この権利は、これから幅広く認められていくであろうとのこと

ヨーロッパでは、啓蒙CMも放送されてます。
新たなルール作も行われようとしてます。

個人の申し立てにより、検索サイトは、情報を削除しなくてはいけない
罰則も盛り込まれようとしてます。

課題は、どこまでその権利は認められるべきか。
手術を失敗した外科医。
そういう人も申し立てられるべきなのか

グーグルは、表現の自由への侵害であって、犯罪者の情報を隠すのは間違いだと主張。

忘れられる権利は大切だが、適用は慎重にするべき

どこまで消すことが認められるのか?

ネットのイノベーションはどうなのか、
膨大な削除要請を耐え得ることができるのか

日本のIT企業ではどうなのか
今回の法律サービスは、ヨーロッパの人に対するサービスを行うものに課せられる
日本の企業もこの問題に取り組まなくてはいけない

プライバシーバイデザイン
という概念が重要。
先生が早口で説明してましたので、、書くのが追いつけないので、興味ある人はグーグルで調べてください。

昨日のクローズアップ現代は、脱法ハーブを扱かってました
覚せい剤一部と同じ分子式のものも脱法ハーブにあると知り、唖然。
取り締まり、法の制定を急がなくてはいけませんね
最近の訳の分からない危険運転での事故とかの因果関係を連想しました。


ええっと、最近記事の題名をええ加減にしているのは、題名で検索してやって来られる人を、個人的には排除したい思惑からです。
このブログは、個人の趣味、気晴らしでやっていますので、余り目立ちたくないのですわ
大人ドリルを見て
 自分は携帯電話すら持っていない希少人種です。
なので、スマホを持つことはないと思うのですが、時代の流れは気になるので見てみた

題名は「あなたは大丈夫? スマホ時代に潜むネットのワナ」
となってます
いきなり、スマホは絶えずつながっているパソコンなんだ。

最近の子供たちは、ネット依存症です。
そもそもネット依存症とは、なんなのか
典型的には、部屋に閉じこもりネットし続ける。引きこもりのことですなあ。

ここで、NHKのサイトでもアップされているテストをしてみましょうとのこと。
自分もしてみた
40点くらい
軽い依存症みたい
インターネットが与える生活の影響について考える必要ありとのこと
それは大変だ。
生活改善しなくちゃ。

加藤さんは、20点。中谷解説員は67点
30点超えないとネットユーザーとは言えないのだと中谷解説員は反論。
暫く弁護に終始してました

他にやりがいを見つけるべし。

本とネットの違いとは何なのか
本は完結した世界なのだ。
ネットはやりたいことが変化するのだ。リアルタイムのコミュニケーションだ。

韓国では
若者の多くはネットゲームに嵌っております
そこで、ネットカフェでずっと住んでいる人がいるらしい。

2004年に実態調査。
対策としてシンデレラ法ができた
16歳未満の人は0時から6時までネットゲームができなくなった

日本では、モバゲーとかが盛んです
フリームアムから最初は無料。
強敵登場でアイテムを買ってしまう。後払いなので気楽に買えます
そこで、ガチャ。何が出てくるか分からない
そうなんですか、だからコンプガチャなんだ。
初めて納得。

仲間と協力
あなたのおかげで、クリアでsきましたと。頼られます
褒められます。
リアルでは感謝されませんと、解説員力説。周りは失笑。

ビッグデーター
重要キーワードらしい
分析の高度な仕方
いままではクリエータが勘で作っていた
今やビッグデーターでゲームは作るのだ、
日本のゲーム産業の凋落はそこに原因があったんだ。
納得。為になりますなあ。

友達何人なのかというデーターを採集されている
ゲームユーザーは知らないでね
ゲームだけじゃありません。グーグルもヤフーもそうらしい。

個人情報を採集されているのだ
スマホの無料アプリケーションが危ないのだ
ウィリスを仕込ませているものがあるのだ
悪質アプリというのがある

有料なものを選ぶ必要があるのだ
悪質なものを見分けるのをどうするのだ。

アクセス権限が書かれている
ここまで情報を取るアプリがあり、それは危険
情報を持っていかれると
転売されるのだ
迷惑メールの源です

スマホでもセキュリティソフトを入れなければいけません
絶対必要とのこと

電話会社の公式マーケットから選びなさいい
絶えずアップデートもしてねとのこと

子供たちへの悪い影響から、どう守るのか
親たちも学ばなければならない。

加藤さんは、親に言われても絶対しますとのこと
悪い人ですねえ
でもそのと通りですなあ
親にメールは見られたくないし

自分で料金は払え

消費者教育基本法制定の動きがあります
きちんと学校で学ぶべし

学校とは世の中で騙されないためにあるのだ。と解説員力説。
そして先生たちをどう教えることから始めるべきだとのこと

メディアリテラシーを教えていかなければいけません
親もメデァリテラシーを高めて行かなくてはいけないとのこと。


個人的には、スマホにセキュリティソフトを入れている人は20数%しかないのは驚いた。
それはいかんでしょう。
ビッグデーターのことはなるほどと思いました
只今混雑中
 自分のブログ運営趣旨は、行き当たりばったりです
好きな言葉は、犬に歩けば棒に当たるです。

昨日、何も考えずに、テレビ番組のことについて書いた記事について、大きな反響があるみたいです。
よく知らないのに、適当なことを書いているから、そうなるのですが、
とりあえず、誤っておきますね
ごめんなさい。

世間では、意外にテレビの番組について、真面目にブログ等で取り上げる人はいないものです
民放のテレビ番組は、水みたいなもので、タダで手に入るものなので、真剣に考えることがないからでしょう、
特にチャンネル数が多い都心部の人そうなんでしょう。

ですが、民放が二局しかない宮崎みたいな所は、与えられる情報が、限られておりますので、情報を摂取しようという意志が、都心部の方よりも強固なものがあるに違いない。

タマタマ書いた記事が、おそらく検索ワードの上位に掲げられたからそうなったのでしょうけど、そういうのはこそばゆいですね
ゾロゾロ、当ブログに多くの人が訪れてくれても、十分な歓待はできませんしね
勝手にご覧になって去っていってください。

ですが、過去にもあったことなので、あらかじめ書いておきますが、自分はただの田舎のおっさんなので、対応できないところもあると思います

アジアンエースを見て思うことの補足としては、対戦ルールの設定が難しいものなんだなあということですね
勝敗は、設定したルールでいかほどにも変わりますね、勝ったから優秀、負けたからダメというのではないようですね。
どんどん更新します
 どんどんブログを更新するのは、照れ隠しの側面がありますねえ
多くかくことで、一つ一つの記事の注目を分散させる。
これが一番の戦略ですなあ

BS歴史館という番組は、前回の邪馬台国の回を見て感心したのですが、今回も感心した。
中途半端に知っている真田幸村のことについて、そういうことだったのかと分かったことが多々ありましたね
自分は、大阪出身それも市内でしたので、大阪冬の陣、夏の陣縁の場所は、普通に歩いておりましたし、近所には激戦地もあり、通っていた中学校は、まさにその激戦地にあったみたいです。
真田丸、茶臼山。
普通に歩いて散策もしましたね

ここの話で一番面白く感じたのは、関ヶ原での秀忠の参加が遅らした真田親子の活躍が、後後の歴史にも影響を及ぼした。
秀忠の部隊は、徳川軍の精鋭部隊であって、この部隊が西軍を打ち負かすはずであった。
秀忠軍がいなかったので、家康は守備中心の家康の部隊ではなく、秀吉恩顧の武将の部隊を中心に戦わざる得なかった。
これが、関ヶ原後の恩賞を秀吉恩顧の武将にも施す必要があった。
明治維新での布石があったのかも知れないとの指摘は、なるほどと思いました。

アジアンエースを見た
 母親が退院してきました
母親の好きであろうテレビ番組を録画してあげていたのを、自分もついでに見てみた。
アジアンエースのモデル対決編とルームウェア編を見てみた

モデル編では、中国での対決。
これは完全にコーチが、日本の方が上でしたね。
りかこさんは、今何を見せるべきなのか熟知しているような気がしました
中国側は、熱血でしたが、少し古いセンスでしたね
モデルの年齢、上背は中国側が上回っていたので、モデルの将来性は分からないのかなとも思った。

ルームウェア編では、日本対香港のでデザイナー対決できたが、日本側はデザイナーの人選を間違ったかもしれないですね。惨敗です。
リアルクローズなのか、ハイファッションなのか、で評価が違ってくるのでしょうけど、審査員がハイファッションの方の人たちでした。

素人の見た目では、日本側の方が可愛かったし、着易しそうだったのですが、真っ先にオリジナリティを判断すべき審査では、歯牙にもかけてもらえませんでした。
非情ですなあ。

香港では、ルームウェアとかは着られていないらしく、デザイナーさんが、しっかりリサーチしている姿は好感度が高かったような気がします。
出来た作品を見て、自分も母も、モデルのブサイクさを突っ込みなした
普段着をかわいく着るというのではなく、しっかりした服を着るということは、スタイルがすラっとしていないと、ダメみたい。体の欠点を目立たせてました。
モデルさんの世界も厳しいですなあ。

それが可愛く映るかというのは置いといて、オリジナリティの主張はありましたね
ドン小西さんも、少し残念。まとまりきれていない、他の審査員も要素を入れすぎと言ってました

誰に発信するかによって評価は変わる世界なんでしょうけど
審査員が、玄人であるなら、もっとオリジナリティにこだわるべきだったのでしょう。
ユーロ離脱か残留か ギリシャ再選挙の行方
 この番組は必見ですね
大変興味があります
日本の消費税が可決かされるかの問題よりもね

今月17日、ギリシャでは選挙があり、緊縮財政支持派と破棄派がせめぎ合っております。
これだけ右か左かの判断で運命が分かれる事例も珍しいですね

番組では、両派を支持する人の意見を出して
テレビ番組での、両派の主張を提示
破棄派の方が元気がいいです。

財政再建の為の緊縮財政
過剰雇用を削って競争力をつける。

放漫財政を施いてきた過去の政権の責任は

緊縮財政には反対だが、ユーロからの離脱は反対。
矛盾していることが声高に言われるのは何故か。

破棄派は、EU、IMFと協議する余地があると思っている

周辺国の金融システムにも影響を及ぼす
今緊縮財政を実行しているアイルランド、ポルトガルはどうなるのか。

最大の援助国のドイツでは
国民の苛立ちが噴出している模様。

もうできる支援は十分したは
ギリシャはEUから去るべきだ

というような声が大きくなっている模様。

既に金融機関が喪失する金額が織り込んで考えられている

メルケル首相は、ギリシャ国民には賢明な判断をして欲しいという立場を貫いている。

ギリシャ離脱がもたらす経済の混乱を心配している。

これから売上を伸ばすのが難しくなり、倒産の危機を迎えるでしょうという企業家の意見も


1930年の金融恐慌の再来も覚悟?

メルケル首相の側近は

重要なのは、ユーロの信用の元に各国がまとまり
改革を加速すればいいのだ
とのこと

ドイツは経済の恩恵を十分受けてきた国。
ユーロプロジェクトは、ドイツには重みのあるもの

一つのことを進めていくのには利害対立があって当たり前
この危機はどうすれば回避できるのか
欧州統合という理念を国民に説得するのが重要。

南ヨーロッパの成長と雇用の為のプロジェクトを立ち上げる
EUにとどまることの利益を指し示すべし
統合のコンセンサスを作っていくべし

危機の中でこそ統合に向けたプロセスを見せなければならない。


というような形で番組は終わりました。
ユーロ内の結束がより重要だというのは、分かるのだけど、それは暗に第二次世界大戦前に行われたブロック経済圏を作ることじゃないだろうか。
ユーロ外の諸国にとって、ユーロ内だけでなんとかヤっていこうという考えは、受け入れてもらえるのだろうか。

ギリシャの経済危機がユーロのみならず、世界全体に影響を及ぼそうとしている時に、対話と協調で乗り越えられると考えるのは楽観的すぎるような気もするし、消費税増税をINFから強いられ、巨額資金を直接関係ない日本が支援するというのもおかしい、ドイツ国民以上に納得できない話だと思う。

日本人の美点は、相手の立場に立って考えて上げることだけど、自分の立場を蔑ろにし過ぎる欠点もあるように思った。
追跡!世界キティ旋風のナゾ
 録画していた番組を見てみた

この番組では、世界を席巻しているはずの、クールジャパンが商業的には成功していない、それはどうしてなのかということを、成功しているサンリオの例を見てヒントを探るというものでした。

キティちゃん人気は、日本よりも世界で受け入れられている
こういうのを事例で見ると、元気が出ますね
一企業の成功が、日本全体を元気にしてくれる。

世界中にキティが拡大した理由。
従来のキャラクターデザインを変える試み。
ブランドの担当者がキャラクターに勝手に手を加えている
口ひげコレクションもあり。

カラー柔道着を着て戦う柔道と似てないか
ミッキーマウスとかスヌーピーでは許されていないことらしい。
何を提案しても許される
これは、IT業界のオープンイノベーションの考え方を取り入れたものらしい。

いろんな人にいろんな考えをしてもらい、取り入れる

ライセンス企業のアイデアを貪欲に取り組み試みは
アメリカの経済誌でも注目されているらしい。


キテイ意外で人気のキャラクターは、どうなのか
ドバイのクールジャパンの状況は
インドネシアでは、ベトナムでは
これだけ席巻しているのに、儲かっていない

韓国は国ぐるみで取り組み、成果を上げている

番組では、ここで負けるな日本。のナレーション


インドで「巨人の星」を売る。
制作チームは、どうしたら売れるのかを考えて内容に改変を加え
巨人の星の中で、野球からクリケットに変更した
インドでは、クリケットが人気なのだ

ちゃぶ台をひっくり返すシーンをどうするのか。

夢と感動を必ず与えられると担当者は力強く語った


中東では、
アメリカのコンテンツでは制約されおります。
バービー人形ですら規制されてます。
こんな人形のかっこうなどしない、親だったら娘を勘当する
では、どんな人形ならいいのか。

アバヤの人に素敵な服が着せられているのです。
肌着が固定されております。

ここでクイズ。
中東でのキティでのアレンジは
アバヤで全身を覆い、顔にはブルカ、手元にはヘンナ
どこぞの忍者なんだと、突っ込みたくなる

中国ではどうなのか
こちらは商標権の問題につきあたるみたい


ピンクだから。
なんじゃそれ。
キティが買いたくなる動機の一番の理由がそれらしい。
第二位が、なんにでもあう。

全面ピンク作戦。

なんにでもあうのは、至難なことらしい
スプーピーの改変は難しい。

どうしてキティがいともたやすくできるのか。

キティは、以前冷たい感じがすると子供たちに言われていた。
そこで、顔のデザインを変えた
ます、少しだけ変えてみた

山口さんのピンクで貫いた信念と、世の中のニーズを絶えず取り込み柔軟な姿勢。
この番組で一番言いたいことなんでしょう


吉野家がアメリカで提供するものには、エビフライもムニエルもケーキもあります。
一方ユニクロは、アメリカでは日本式の接客をさせてます。


今ヨーロッパでは、キティを元にビッグプロジェクトが立ち上がろうとしている
ビッグバンドのキッスとのプロジェクト。

キッスのある特徴が、キティと相容れないのだ。
口を描かない。口を描けるのか
どうするんだ。

ジーン・シモンズは言った。舌を描かないとやらない。

これは口を描いた訳ではないと、テレビを見ている分では苦しい言い訳に聞こえたが、容認へ


現地の人の能力を認めてを受け入れるべし。
と番組は締めておりますが、サンリオでは、キティ以外の世界的キャラクターは生まれていないとも行っております

海外の人どこまで手を取り合っていけるのか、ここに未来へのヒントがあります


というような番組でした
内容を追っていくだけで、お腹が一杯になりました
が、この番組の制作者の意図が、日本の企業が世界へ出て行くことの難しさと必然を述べていましたが、足かせになる部分の指摘も忘れておらず、非常に鋭いものに思えました

個人的に穿った見方をすれば、

1、キャラクターを現地国に合わせなければダメなのなら、オリジナルとの違いが乖離していくばかりで、いつか似て非なるものに変わらないか

2、キティのヒットはタマタマであって、虎の子みたいなもので、これを失うと何もなくなってしまうのではないか。


今日本が直面している問題を集約しているところがありますね
日本製品はガラパゴス化していると言われてますが、現地国にばかり合わせて商品を開発していたのでは、そもそもの世界的なヒットを生み出すにも難しい。
日本の商品の最初の消費者の日本人に適したものを生み出すのが重要だとも言える。

日本で生み出された特徴ある商品を海外へい売っていくのは、これはまた別の話。
そこを区分けしていくのが、重要なんだと思った。
今日もいっぱいテレビを見た
 家のテレビが録画できるものになったので、テレビを見るのが楽しみになりましたね
時代と逆行しているのか

ユーロのポーランド対ギリシャは、引き分けでした。
開始直後からのポーランドの怒涛の攻撃は目を見張るものがありましたし、スタジアムが素晴らしいので、見ていて楽しいもので、このままワクワクさせてくれるのかと思ってましたら、ポーランドの選手がガス欠してしまったのか、動きが鈍ってしまいました。そこをギリシャが突いて引き分け。
ギリシャの選手というのは、個性豊かな風貌の人が多く、どこぞのロックスターやねんと、ビジュアル的には楽しませて貰いました
それにしてもポーランドの人ってゴツイ人が多いですねえ。
スタジアムの観客の女の人なんか180センチ以上の人なんてざらですねえ
子供たちは本当に可愛い、選手の入場時に選手と一緒に入場した女の子の可愛らしさには悶絶したね
どこぞの選挙の女の子に余裕で勝ってますねえ

ユーロを見た後は、NBAのカンファレンスファイナルを見た
この試合のレブロンの凄いこと、これまた魂消た。
フェイドアウトしながら、難しいシュートを相手の厳しいマークをかわしながらバシバシ決めてました。
これくらいのプレーをできるなら、ディフェンスシステムが崩壊ですなあ。
次戦で決まるので、しっかり見ないといけませんねえ

野球も少し見たのだけど、朝からハードなものばかり見ていたので、途中で見るのを止めた
さよならホームランも出たらしいので残念なことをしました

そして陸上の日本選手権を見た
女子100mの高校生の土井選手がいいですねえ
最後は福島選手が勝ったのですけど、途中までぶっち切ってました
全然筋力もまだついていないので、将来が非常に楽しみな選手ですねえ
他、やり投げとか女子100mハードルとか見所がテンコ盛りで楽しませてもらいました

今晩またユーロがあるので、早寝して備えなくてはいけないので
それじゃ、おやすみなさい
新しいパソコンがやって来ました
 新しいパソコンがやって来ました。
OSをウィンドウズ7搭載のものにするかどうか悩んだのですが、10年近くXPを使っていて、今更新しいOSにチャレンジする勇気が、自分にはなく中古で買うことにしました。
前回も前々回のそれで失敗して、データー破損、極端な低速化を経験しておるのですが、もう一度XPに賭けます。{凄い後ろ向きだと心の声が聞こえます}
自分の住んでいる町は、そもそも光ファイバーが来ておりませんし、これから来る予定もない僻地なので、パソコンだけ高性能にしても無駄だとも言えますわね

今日から、NNKの朝の連続ドラマが新しくなりました
前々回の「おひさま」、前回の「カーネーション」と、テレビにカブリついて見ていたのですが、今回の「梅ちゃん先生」は個人的には外れぽいですね トホホ・・・・・・

「カーネーション」は、大阪人、大阪出身者必見のドラマでしたね。
岸和田出身の知人を持つ人は特に必見でしたね。{自分もそうでした}
現在南九州に住んでいるので、周りの者に、岸和田がどういうところなのかと力を込めて説明しても、全然理解されませんでしたけどね
このドラマで少し疑問に思ったところは、岸和田城を全然写さなかったところだけかも。
本当にすばらしいドラマでしたね。生きる勇気を与えてくれました。
今年のインフルエンザとの戦いにおいての、最大の薬になってくれました。
CS放送の「武蔵坊弁慶」は良いですね
 我が家では、CSのチャンネル銀河だけは加入してます。
家族が、名探偵ポワロを観たいが為なんですが、ついでに私も過去の大河ドラマとかを見させて頂くいております。
数日前から、「武蔵坊弁慶」が始まりました。
これは良いですね。中村吉右衛門さんの弁慶は最高ですね。
人間的な弁慶さんは、非常に格好が良いですね
他出てくる登場人物も嵌っていまして、なかなか見どころが多いドラマになってますね。
数年前の放送していた大河ドラマ「義経」と比べると、全然出来が違いますね
もういまのNHKでは、これくらいのものは作れないのかも。
来年度は、平清盛なんですけど、余り期待できないかも
今年の「江」は、見捨ててしまっているようにね。