影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
時載りリンネ! 1
時載りリンネ! 1      清野静      角川スニーカー文庫     


この話は、少し前の本で前々から読もうと思っていたのでけど、読み始めると取っつきが、自分にとって悪くなかなか読めずにいた。
今回読んでみると、すんなり読めた。
設定が、自分にとっては未知なものだったことが、読み難かった原因なんだろうけど、新しい世界が提示されている本だからとも言えるかも。

少女がこの本の世界で走り回っているというような表現ができそうな話ですね。
時載りの一族というところに生まれた少女が主人公で、そのリンネちゃんが活躍する話なんですけど、謎の本を拾うことより始まる話は、実にワクワクさせるものでした。
この後も話が続いているので、これから読むのが楽しみではあります。

自分の好き度は7くらいかな
スポンサーサイト
- | 00:50 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。