影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
SHI‐NO 夢の最果て
SHI‐NO 夢の最果て     上月雨音     富士見ミステリー文庫


この巻も推理ものだった。
このシリーズは、こういうような話に固定されてしまったみたい。
探偵はシノちゃんでね

ここでの話は、
シノちゃんの母親のパーティーに参加した僕とシノちゃんが、そのパーティー会場で殺人事件に遭遇する。居合わせたきらら先輩とその幼馴染みの警察官の虎さんともどもと、解決するために、シノちゃんは協力する。犯人は分かっているのだから、後は追いつめていくというスタイルじゃ、刑事コロンボと同じだね。
僕の役割は、どんどん希薄になっていますね。
読んでいて、自分もよく分からなくなってきた。
しっかりもののきらら先輩とシノちゃんでコンビを組んだ方が、バランスがよいのじゃないでしょうか。
でも、ミステリー部分はつまみというのが、このシリーズだから、これでいいのでしょう。

自分の好き度は6くらいです。
スポンサーサイト
- | 12:35 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。