影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
霓博士の廃頽
霓博士の廃頽       坂口安吾       1931年作


また訳が分からない話だ。
本人らしき坂口アンゴウさんも登場。
アンゴウさん博士から落第と言われてしまう。
そういう日々だった
つまり博士は頭がおかしいのだわね。
結婚生活の破綻が博士をそうさせたみたい。
そして森の酒場で、クララさんに恋心を抱く。
博士はここでも狂ってしまいアンゴウさんが全て悪いと納得するみたい。

何書いているのか分からない
自分に理解力がないからかなあ

スポンサーサイト
- | 02:24 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。