影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
サクリファイス
サクリファイス     近藤史恵      新潮社


今年の各種ミステリーのランキングで上位に位置していた本を読んでみた。
この物語の内容は、ロードレースを舞台にした、一人の青年の苦い過去の話を含む成長物語に、ちょっとした謎解きを絡めたものだった。
一応、カテゴリーはミステリーだったので、どこに謎があるんだとか思ったけど、そういう方向に謎があったんだ。
読んでみて、感動したわね。
その人の見えなかった側面が、如実に現れたということなんでしょうか。
それにしても、香乃さんは、見る目がないわね。
もうちょっと惚れる男の選別しないとダメでしょう。(そこは突っ込みところではないかも)

この小説は、スポーツの本質も鋭く描いていたわね。
ロードレースものと言えば、昔マンガで「シャカリキ」というものがあった、あれはあくまで個人での戦いを主としたもので、熱い熱い話だったが、この物話も基本的には、熱血だね。主人公は淡々としているけど、けっこう熱い奴だわ。
なのにふってしまう香乃さん、あんたは本当に見る目がないわね
スポンサーサイト
- | 23:08 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。