影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
下妻物語(完)
下妻物語(完)   嶽本野ばら  小学館

これは、映画化もされた下妻物語の続編

以下、ネタばれが、あるかもしれないので、気になる人は読まないでね。

内容は、桃子、イチゴが殺人事件に巻き込まれ、その顛末がメインで、新しいキャラクターとしてジャスコの警備員セイジさんが出てきて、二人の関係に微妙な感じを与えているのと、ついに桃子がデザイナーとしてパリコレを目指すことになり、下妻を離れるところまでが描かれている

期待していたけど、ちょっと残念な内容だったね。パート2は、バトルロワイヤルもそうだったけど、余りいいものにはならないみたいだね。

ここでは、前編桃子のモノローグで、イチゴの影が薄くなっているみたい。駄目親父もほとんど、目立たなくなっている。でもお祖母さんの恋愛問題は語られている

嶽本さんは、相変わらず達意の文章で、すらすら行間が結構詰まっている文章なのに読ませるね。

桃子が、すらすら冷静に、語っているのだけど、ちょっとお馬鹿なセイジさんが熱く語られたのに、ひそかに感銘し思わず、車から降りたとき、ピースサインを出す場面は、いいところだったし、桃子がロリータとして、労働を蔑視しているはずなのに、内面の衝動につき動かされて、デザイナーとして生きていく決意をするところは、感動的な場面なのかもしれないね

本の帯に、映画化未定!!とあるけど、映画化は止めたほうがいいね

ここでは、最後の文章がやはり良かったね

・恋愛って全て感動から生まれるのだよ。感動って恋愛のことなんだよ。そしてその感動って、素直なものに触れた時しか生まれてこないんだよ。お洋服も、ロココも、他の可愛いものもそう。素直に素敵と思ったり、素直にノックダウンさせられたり、素直にアピールしてくるものにしか、感動なんてしない。かなり、世の中、斜にみて、ロリータの、ロココ主義の美意識っていうハードルを自分に課して、その上でしか感動出来なかった不遜な私だけど、イチゴ。貴方の大バカを通り過ぎた、驚くべき素直さに、がむしゃらな素直さの、私、やられて、うっかり、感動してしまったんだよ。
スポンサーサイト
- | 22:40 | - | - | pookmark
コメント
from: 藍色   2010/11/15 2:50 AM
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/35
ダメ親父のバッタもの商売が原因で、兵庫県の尼崎から茨城県の下妻に引っ越してきたロリータ少女・桃子は、そこで絶滅寸前のヤンキー少女・イチコと出会い、二人は無二の親友になる(ここまでは前作)。それから...
粋な提案 | 2010/11/15 2:36 AM