影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
円環少女(サークリットガール) 2  3  煉獄の虚神
円環少女(サークリットガール) 2  3  煉獄の虚神    長谷敏司    角川スニーカー文庫


円環少女の2、3巻を続けて読んでみた。
これは二つで一つと考えていいからこれでいいのかも

内容は、
高位魔導師グレン・アザレイを協会の人たちがこぞって、どうするねんという話で、物凄い濃いバトルが展開する。
これでは簡単過ぎるけど、
本筋はこういうところでは
海とか砂漠にも行っているけどね

作者が、書きたいことを思い切り書いている話で、ついてくる人だけついてきて、というような話だよね。(自分はついていけなかったりして、ごめんなさい)

点々と存在する仁さんとメイゼルちゃんとのやりとりは、個人的にはツボなんですけど



抜き出してみると

・「……それに、せんせは、おっぱい大きいほうが好きだわ」
「そっか。メイゼルちゃんはそう思ってたんだ」


この本の自分の好き度は6くらいです。
スポンサーサイト
- | 11:19 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。