影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
18、嵐の朝
 何と嵐は天空の灰色の衣を引き裂いたのだ
切れ切れの雲は戦いに疲れてあたりを乱れ飛んでいる

そして赤い火焔が 雲のあいだをさっと走る
これこそ私はまことに わが意を得た朝だ と呼ぼう

私の心が見ているのは 天空に描かれた自分自身の像だ
これこそ 冬以外の何ものでもない
冷たい 疲れ果てた冬だ


何を青年は見ているのだ
これは吉兆なのでしょうか 凶兆なのでしょうか
スポンサーサイト
- | 22:04 | - | - | pookmark
コメント
from: 管理人   2015/05/10 11:18 PM
コメント有難うございます

お返事送れてしまいまして すみません

この連作詩は、明るい未来があるとは思えないのですが、希望が余りない方が、救いは、というより魂の安らぎはあるんですね。
from: ジニ59   2015/05/07 7:55 PM

青年は、疲れているのに、こんなに色々
考えられて(若いって)凄いですね。
若いからこそ、悩むエネルギーもあるのでしょうか?

ぜひ、冬のあとは、温かい春が来てくれると
良いですね!(^^)!

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1929