影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
16、いや果ての望み
 そこここの木々に たくさんの色づいた木の葉が見える
そして私は木々の前に思いに耽ったまま 佇むことがしばしばだ

一枚の葉を 私は見つめ その葉に私の希望をかける
風がその私の木の葉とたわむれるときには
私は震えられる限り 体が震えてくる

ああ 木の葉が地に落ちると それといっしょに 希望も落ちる
私自身も 大地に身をおとして 私の希望の墓の上で泣くのだ


ここでは、木の葉と自分を同一視。
はかない希望ですね。ふうっとため息
スポンサーサイト
- | 19:15 | - | - | pookmark
コメント
from: 管理人   2015/04/30 11:57 PM
コメント有難うございます

記事の更新が滞ってましてごめんなさい。

さっさと最後までやれよと、心の声がするのですけど、怠け者なんで、

なかなか、ここでの詩の世界は進みませんね
電気がない時代は、こんなものなんでしょうかね
from: ジニ59   2015/04/29 1:51 AM

まだ泣ける感情が、羨ましいです。

その「ふ〜?のため息」にも、
色々、思いがありそうですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1927