影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
13、郵便
 通りの方から 郵便馬車のラッパが響く どうしたんだ そんなに高く
鳴ったりするとは 私の心よ

郵便馬車は お前の 手紙を運んで くるんじゃない
いったい何で お前は そんなに怪しく 切迫するんだ 私の心よ

なるほどそうだ 郵便馬車は 町から来るのだ
私の かわいい恋人のいる町からだ 私の心よ

お前は いつかきっと その町の方を見て
そこであの娘がどうしているか 訊ねたいのだろう 私の心よ


まだまだ、青年は、元恋人に未練たらたらです。
昔は、情報が少ないから、こうなってしまうのかしら
元恋人は、もう青年のことを、すっかり忘れてしまっていると思うのだけどねえ
スポンサーサイト
- | 21:12 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1924