影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
天上の音楽
木崎咲季     メディアワークス文庫


メディアワークス文庫は、面白そうな本がよく出版されてますので、見かけるとついつい買ってしまいます。
それで、大量の積読本が発生してしまってます。
こつこつ潰していけたらいいと思っていますが、どうなのかな。

この本は、離婚してそれぞれの親に引き取られた姉弟が、母親の死後、父親の下に引き取られた後の日々が綴られている話でいいのかな
主人公は、音楽はできないのですが、音楽家の父、将来をい嘱望されるピアニストの卵の姉との、ぎこちない日々が、淡々を描かれてますね。
この雰囲気は、実に音楽的ではありますし、心地よいですね。
スポンサーサイト
- | 23:15 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。