影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
円環少女(サークリットガール) 1  バベル再臨
円環少女(サークリットガール) 1   長谷敏司   角川スニーカー文庫

鬼門だった円環少女を読んでみた。(自分のもう一つの鬼門は撲殺天使ドクロちゃん)
何度も読もうとして放棄していたのだが、ついに読み通したよん!

内容は、データーベースから

"幾戦もの魔法世界から<地獄>と呼ばれ最も忌み嫌われた場所―地球。なぜなら、本来自然なはずの魔法現象を消滅させてしまう恐るべき力を、人類だけが持っているからだった。元の世界で犯した罪のため<地球>の堕とされた一人の少女魔導師・鴉木メイゼル。 彼女の受けた刑罰は、<地獄>で敵対魔導師100人を倒すこと―。 <円環大系>の使い手が、誰もが成し得たことの無い過酷な運命に立ち向かう!灼熱のウィザーズバトル開幕!"

というもので、いかにもおどろおどろしい設定なんだけど、
究極的には、ラブコメなんだと自分は思う。

多い登場人物。濃い設定。しつこいバトル。
嵌ればこれは堪らないのだろうけど、
自分の関心は、メイゼルちゃんときずなちゃんに釘づけだったね。
何やら頭上で、いろんな物が飛び交っているみたいだけど、ささいなことに思ってしまったりして


ここでも少し抜き出してみると

・人間、弱みを見せたら転落するだけです。

この言葉を小学生が言うと凄みがあるね


・「お誕生日の贈り物は、わたしの一番よろこぶものはなにか、せんせが必死で考えるから意味があるのよ。」

・「メイゼルに、自分の生き方を探してほしいんだ。そのために、恥ずかしくないよう精一杯に、俺はちゃんとしなくちゃいけない。」

仁とメイゼルは相思相愛なのかもね


・円環大系における魔法的空間転移は、魔法使い自身がここにいるという、それ自体閉じている現象を無理やり開き「そこにいるかもしれない」場所へと再結集させる。術者が存在したことのある場所へ、記憶が確かならどこへでも転移できるが、明確にイメージできないところへ地図頼りで移動はできない。

分かるような分からないような概念だね。


・さっきあたしに「おまえがいないと生きてけない」って告白したくせに! やっぱりおっぱいなの?

やっぱりおっぱいなんだ。


・来いよ。今日一日の戦いを嗤うやつに、正直、負ける気がしない

ううう、なんか恰好がいいぞ仁さん。


自分の好き度は、要素がありすぎる話でついていけないのだが、メイゼルちゃんが可愛いので7くらいかな。

スポンサーサイト
- | 16:56 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。