影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
キシャツー
 小路幸也    河出書房新社 


この小説は、夏休み、海岸でテントを張っている少年をみつけた、高校生の男女の出会いの話なんですが、少年がそこにいる理由が、生き別れた義理の姉を探す為にやって来たというもので、地元の高校生が助けてあげるという話でした。

自分は、読んでいて、他に何か隠された意味が、この物語にあるに違いないと、思って読み進めていたら、そのまま別れがあり、終わってしまった。
ひと夏の出会いと、無償の交感だけを描いた話だったみたい。

それで、読者が付くのかというのは、野暮なんでしょうね
今は、こういう何もないけど、若さと無償の行き交いが重要な時代なんだなあと納得。

おじだんの自分には、少し眩し過ぎる話なのかも
スポンサーサイト
- | 20:25 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1858