影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
アウター×トップ
神野淳一    メディアワークス文庫


この本は、ロードレースにかける青春そのものでしたね

ストーリーが、実にシンプルでして、レースの場面と、主人公の友人の妹との、楚楚としたふれ合いだけが描かれていました。
全力を出しきれば、結果の如何に問わず、先に進める頃というのは、確かにありますね
おっさんになると、全力でぶつかる、全力を出しても、膠着状態に陥るばかりなんですが、若さは、そういうものを超越するのでしょうね

この本は、主人公以外にも、視点が変わるところもあり、そこは読みにくいかったのかも
ロードレースというのは、季節感が感じられるスポーツだとも認識できました。
それぞれの季節で走っても、感じられる風が違うのでしょうね
爽やかな小説でした
スポンサーサイト
- | 01:28 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。