影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
紅白歌合戦
 最初から、最後まで通して見た訳じゃないけど、今回も見てしまいましたよ。
年々、知らない歌手が増えて来ますなあ
オープニングで歌った、浜崎あゆみさんが、少し太っているのには驚いた。
暫く、見てないと別人になってしまいますなあ

ももいろクローバーZは、インパクトはありますね
えびぞりは、体に悪そうだけど、凄いものは凄いですなあ

大とりで、あの歌手のあの曲は、やはりないでしょう。
赤組のいきものがたりの歌と、雲泥の差があり過ぎですなあ

いろいろ感想がありましたが、話題があって、やっぱり紅白は良いですね
見ておくべきものだと、自分は思いました
スポンサーサイト
- | 00:07 | - | - | pookmark
コメント
from: 管理人   2013/01/02 12:24 AM
コメント有難うございます

お久しぶりです
新年おめでとうございます

正月は、テレビを見て、本を読んで、楽しいことばかりです。
今、長年の懸案だった「五輪の薔薇」という本に挑んでおります
その本の息抜きの合間で、あっちこっち手を出して他の読んでいるみると、さくさく読めてしまいます

「五輪の薔薇」は、デッケンズの世界をスピーディに描いたような本なんですが、主人公の少年にイマイチ、感情移入できないのは辛いところです
それに較べると、年末に読んだ「卵をめぐる祖父の戦争」は、感情移入しまくりでして、この本について語りたいことばかりです。
ミステリーなので、ネタばれできませんので、ネット上で語ることができないのが、もどかしく思っております。
from: 絹さや   2013/01/01 10:04 PM
あけましておめでとうございます。お久しぶりです。昨日は、夫の実家で紅白の前にテレビ東京系で「年忘れにっぽんの歌」をほとんど見ました。ほとんど大ベテランによる、演歌ばかりですが、お年を召して元気に歌う方たちを見るのはおめでたい気分です。紅白は、数曲を除いて衣装を作った方たちや卓越したダンサーを讃えるつもりで10時まで見て寝ました。
陸前高田市の若い女医さんのエピソードと「花は咲く」にはウルウルしました。有働アナは脇汗対策万全と事前に見ましたがノースリーブだったので「匂いは?」は少し気になりました。
今年も画面メモに入れさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1812