影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
アイアンシェフ 鮭対決
 宮崎では、テレビ番組は多くは送れて放送されるのですが、この番組もそうですね
人が余りみていない時間帯にこそっと放送してます

自分は、昔「料理の鉄人」は、けっこう好きだったので、テレビ番組表に、アイアンシェフの名があると、ピンときました
録画しているのを見ました
少し遅れたものなんですが、見たものは見たので記事をアップしておきましょうか

鉄人は、アイアンシェフと名を変えましたが、基本線は、以前のものと一緒ですが、イタリアンの鉄人はいなくなり、4人目は、これから決めるということになったみたいです

開幕戦は、フレンチのアイアンシェフと和食の挑戦者
結果は、アイアンシェフが勝利しましたが、これは容易に想像ができる結果のように思われました
料理を作っている経過において、和食側の方に問題があったように思えました

鮭を題材といっても、鮭に松茸を挟んで焼いたものを呈示
それは、あんまりですよね、それでは成金料理そのものですもんね
天かぶを、麺状にして、鮭の切り身を載せたものも一品としてありましたけど、それも、そのままやんといえるような料理でした
道場さんのお品書きと同じく、書をしたためていましたが、字がそんなに上手くないのもマイナスだったのかも

フレンチ側もけっしておいしそうと手放しで言えるようなものではなかった気はします
鮭の白子をフライパンで焼いている映像を見ていると、グロテスクですなあと思えましたしね
ただし、s字に鮭の切り身を挟んでいるのは、なるほどと思えました

一時間という短い時間で、何がやれるのかを、ドキュメントで写すのが、この番組の醍醐味なんですが、今の時代は、視聴者の目も厳しくなり、本当においしそうでないと、かえって興ざめになるのではないのかとも思えた

「料理の鉄人」が、どうして終了したのか、そこの問題点は、いろいろあったと思うのですが、13年のい時は、最大のそれであった、マンネリ化は、取り合えず解消できた気はしますが、他こまごました点は、ひきずったままのような気もしました
辻調も、番組制作に参加している点は、良いポイントですね

これから、どうなっていくか楽しみですが、案外早い時期に打ち切りになりそうな気もしますし、前途多難であることような気もしました
スポンサーサイト
- | 20:49 | - | - | pookmark
コメント
from: 管理人   2013/03/27 6:39 PM
コメント有難うございます

アイアンシェフは、放送が終了するみたいですね
残念ですね
数日前に、イチゴ対決の放送がありまして、川島みゆきの旦那さんが勝ちました回の、旦那さんの料理には、ひどく感心しました
料理の新しい発展性の萌芽が見て取れる回でした

アイアンシェフは、時々光るものが呈示されることがあるので、貴重な番組でしたね

宮崎県民は、遅れて放送されているので、流行に遅れているのも、いつもながらなんですかねえと思ってます


持つべきものは、良き料理人ですね
羨ましいですね
from: ジニ59   2013/03/27 5:44 PM
今月、アイアンシェフの同級生が
地元に帰ってきて、みんなで会い、食べる
機会がありました。
唯一、鉄人に勝った「ロレオール」の伊藤Kシェフ
と、いうことで同級生の盛り上がりは凄かったデス

同じ市内の同級生の「キャトル」というイタリアンのお店を一部貸し切り、子羊のロースト、素焼きの
野菜、タマネギ〜人参など、甘くておいC’を
堪能いたしました(*^_^*)
もと柔道部やサッカー部、の猛者がシェフって、
ありうりなんだ・・・と実感しました。
料理=筋肉必要ですね。貴方様の読みと私の予感
通り、アイアンTVも、終わりそうで・・・
でも、得る物のあった?(久々同窓会になった?)
TVでした。
from: 管理人   2012/11/11 6:30 AM
コメント有難うございます

知り合いが登場とは凄いですね

宮崎では、遅れて放送してますので、ズレテしまっている話題なのかも知れませんね

この鮭対決の回の放送では、テレビの前で突っ込みまくりでした、松茸を挟んで焼いただけの発想は、貧弱だの、蕪剥きが下手やなあとか、書の文字が、丸文字ぽいとか、
折角頑張っているのに、テレビの前で、分かっていない人に、こんなことを言われるのは、あんまりですよね

でも、超一流ならば、ただの料理馬鹿、高級食材をふんだんに使っただけの料理を呈示しただけでは、ダメでしょう
前回の「料理の鉄人」は、そんな料理人ばかりになったから、マンネリ化したのだと思うのですが、今回もその轍を踏みそうです

日本人全体の教養の劣化、退化が、この十数年進んだ姿が見られるのかも知れないですね
from: ジニ59   2012/11/11 1:38 AM
コンニャクワン!
アイアンシェフ、期待してます。
実は、先週の放送のアイアンシェフが、同級生
でした。
もう、知りあいがTVに出る事、さながら
力入れて、その回は見てしまいました。が、・・・

番組中、電気器具の故障やら、別の世界の
料理という事もありますよね(*^_^*)

おっしゃる通り、今後に期待するけど、このままじゃ
なんとなく、終わってしまいそうですよね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1784