影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ビブリア古書堂の事件手帖 2 
 三上延      メディアワークス文庫


続けて2巻を読んでみた
1巻よりも、物語が深化しているような気がします。
大輔さんと栞子さんの仲が、深まっていっているのかも知れませんが、より深みが増しているようです

紹介されている本のセレクトが渋いのが、このシリーズの特徴で、自分も知らない本ばかりです

ですが、ここで脱線して自慢しますと
栞子さんが、読んでいたグゥンの「ふたり物語」は、持ってますし、読んだことがあります。えっへん。

この巻では、大輔さんの元カノとか、栞子さんのお母さん。見た目は、栞子さんそくりで、怪しい人。これは、スケバン刑事と同じノリなのか。と勝手に想像してしまいました

益々面白くなってまして、続けて読む3巻が楽しみです。
スポンサーサイト
- | 20:24 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。