影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ソラの星
 岩関 昂道          メディアワークス文庫


この本は、ある夜女の子が、自宅前に行き倒れになっていた。
その女の子の素性を明かすことは、ネタバレになるのかどうか、判断につきかねるので、アマゾンのデビューを掲載してみると

いまどきありえない行き倒れの少女を拾った僕。それがソラという不思議な女の子との出会いだった。この子、初めて会うタイプだ。やけに偉そうな老成した喋り方をするし、とにかくよく食べる。しかも「恐ろしい組織に私は追われている」とまことしやかに言う始末。かわいいのに、残念な子だった。奔放なソラの行動はとどまらない。何にでも興味を示す彼女の標的となったのは噂の「死を予知する猫」。そう、これがあの恐ろしくも不思議な事件の始まりだったんだ。摩訶不思議なファンタジックストーリー

とあります。
デビューの評価欄には、ストーリーについて多少触れている方もいるみたいなのですが、やはり素性は触れられないですね
そこを書かないと、全く話ができないのですが、ボーイミーツガールであって、謎解きもあります。
ソラさんが、事件を解決するのですが、その後選択するところがありまして、続編へ続くとなっているのかもしれないですね

ソラさんも、猫も、物事の把握能力が高く、テキパキしております。
主人のアキラくんも、真面目な能力値の高い男の子。
だらしない人物が出てこない話になってます。大学生の日常と言えば、もう少し怠惰な人も出てくるような気もするのですが、今時は、そうじゃないのでしょうか
スポンサーサイト
- | 18:42 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。