影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
小暮写真館
小暮写真館     宮部みゆき    講談社


久しぶりに宮部先生の本を読んだ。
自分は、初期の宮部先生の作品が好きだったのですが、最近のものは、どう苦手でして、読んでいなかったのですが、表紙の絵が綺麗だったので手にとってみました

登場人物が爽やかに登場し、和気藹々とした家族の団欒の話なのかと思ったのですが、少し違う話でしたね。
内在するテーマが少し重いですね。
その重いところを、軽やかに書くというのは、非凡だと思います。

しかし、自分にとっては長く感じましたね。
冗舌に感じましたね。
新興宗教の話は、いらなかったような気もしました。
どうなんでしょうね
コゲパンちゃんは、可愛かったですね
スポンサーサイト
- | 09:11 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kagehousi.jugem.jp/trackback/1413
物語のすべてが詰まった700ページの宝箱。もう会えないなんて言うなよ。あなたは思い出す。どれだけ小説を求めていたか。ようこそ。3年ぶり現代エンターテインメント。 700ページありとても長い作品...
粋な提案 | 2011/04/12 6:17 PM