影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
選挙を終えて
 一昨日の選挙で、自民党が圧勝。民主党が惨敗しましたね

自分の住んでいる選挙区は、前回の民主党が大勝したときでさえ、自民党候補が勝ったところなので、今回の結果は、やるまでもないものでした
前回の選挙から、今回まで、民主党政権には、冷や飯を食わされた地域でもあったとも言えそうです
宮崎の口蹄疫の時は、本当に酷い目にあった感がありまして、民主党の比例代表の投票数は、公明、維新よりも下だったりしました
小選挙区の候補は、民主党からは出せないくらいでした

なので、全く無風でした
政権交代に実感なんか無いですね

自分の所よりも、他所の選挙区の方が面白かったですね
新潟で田中真紀子さんが、落選。時代は変わりましたね

でも、惜敗率による復活当選だけは、納得いきませんね
一票の格差がどうだと言うのなら、せめて、率ではなく、惜敗数で当選を決めるべきじゃないのかね
最近の胡散臭いこと
 今日父親が我が家のキンモクセイの木を勝手に切って放置していたのを片付けた
もう大変、あっちこっちに他の木も切り放しにするんだから、困ったもんです
そもそも何で切るのか分からない。
暇でやることがないから
という理由なんだから堪らないですね
切るのは面白いかも知れないけど、片付けるのは大変なんだ
と注意しても糠に釘です

我が家の事情はさて置いといて
最近胡散臭く思っているニュースの一番はフェイスブックの株式上場問題ですね
自分みたいな中年世代にとっては、NTT株を思い出してしまいますが
経緯の速さとか、関わっている人物、証券会社の胡散臭さは、桁が違っておりますねえ
さすが世界企業だ。
こういう問題は、NHK特集とかクローズアップ現代でやってもらわないと、庶民には分かりません

ただ個人的な思いつきちょ類推で書かしてもらうと{おしかりのコメントはなしでお願いします}
利益とかは二の次で、自分の理想とするところを目指して立ち上げた若者の夢が詰まった会社であり、ある種のアメリカンドリームを体現していたはずの存在そのものが
つまりその種のイメージ自身が株価を吊り上げるための道具だった。

アメリカのインテリ層に大きなショックを与えているような気がします
良きにしろ悪しきにしろ、日本のインテリは金に纏わることは避ける傾向がありますから、この種の話題は関心外のようです
もちろん現時点では株価が下がっているだけで、損した人もいるだけの話題ですが、どんどん話が広がっていくのかも知れませんね
個人的には、分かりやすく教えて欲しい話題です

中国人が「日本が50年以内に3流の貧乏国家となる」と言っているらしい
 2ちゃんねるでこういうログが建っているらしい。

スレ主は、日本の文明は流星のごとく瞬く間に消えると予測。大国に挟まれて身動きできないことや、
大国との関係、地理的な要因や政治、経済力、技術の低下を見ると、50年以内には3流の貧乏国家に
なる確率は95%だと主張している。

だそうです。
こういうスレに対しても日本人は、概ね同意しているようで、50年後ならどこの国もどうなっているか分からないとか述べているようですね

自分も基本的にそうなんですが、日本が無くなったら困る人が世界では、多いような気もします
日本の多くはメイドインジャパンに誇りを持っていましたが、今やそれは韓国製とか中国製に取って代わられようとしています。
そういう状況を認識するのは、痛みも伴うし、心地よいものではないようですが、数年前に密かに言われてきていた日本衰退が現実的になっても、世間一般は、見たところ、自分が感じる範囲では、悲観的に捉えているようではありませんね

どうしてなんでしょうね
自分が考えるのは、ただの単純なもの作り、ハード面ばかり目を向けた製品そのものがダメになっても、ソフト面、高級なモノ作りというものは、より強靭になっている意識があるからなんでしょうね
ぶっちゃけ、日本人の多くはハリウッド映画が入って来なくなっても、韓流ドラマがなくなっても、それほど喪失感を抱かないのじゃないだろうか
翻って、日本のアニメやドラマ、それにエッチな動画が無料で中国とか韓国で見られなくなると彼らは困るし、多大の喪失感を抱くでしょう。

下賎な話ですが正鵠は射ているな気がします。
日本は、日本独自で文化発展できるし外国文化に対しては取捨選択のできる国だと思うのですね
国民皆内心でそう思っているから、衰退してもsれほど困らないと思っているような気もします。
対外感情を煽ることで、政権維持。
中国、韓国では反日感情を煽って政権に引き締めを度々しますが、そういうところはやっぱりおかしいと思いますし、経済が強い弱いで、民度も図れないと思いますしね
昨今の問題あれこれ
 このブログは、更新も滞りがちですし、テーマもばらばらになっています。
今にも分解しそうな状況です
まあ、個人の暇潰しでやってますので、お許しください。

本日車で走行中にラジオをかけていたら、国会中継をやっておりました。
延々と今話題の投資顧問の浅川氏の証人尋問をしておりました。
まあ、よくもこんな人に投資を頼んだわと呆れてしまいました
頑なに責任を認めようとせず、自腹は絶対切らないという態度でした
スタンスは余りにもはっきりしていますので、質問に対する答弁を容易に予想できました
今話題の危険運転での事故死同様、速やかな法整備の必要性を強く感じました

法整備、というか法の抜け道をつかってと言えば、タレントの猫ひろしさんのカンボジア国籍での五輪参加も思いつきますね
投資顧問の問題とか、危険運転の問題に比べると大した問題じゃないような気もしてきましたけど
世間で盛り上がった話題には違いない
自分の、この猫ひろしさんの問題の感想を少し書いてみると

猫さんは、五輪を辞退すべきだと思うという多くの人の結論と一緒になりますね
本当に五輪に出たいのなら、一年以上前からカンボジアに住んで準備しとくべきでしょう

まあ、こういう当たり前の正論は置いといて、この問題で気になる点は、日本の男子マラソン代表と世界との差が開きすぎていて、ぶっちゃけ、日本の誰が出ても大差がないという状況は切ないと感じますね
現在のマラソン界の世界トップと日本代表の差と、日本代表と猫ひろしさんとの差は、そんなに変わらないような気もします。{陸上界の人は絶対否定するでしょうけど}
多くの人が五輪出場を目指して日々精進しているのは分かるのですが、現時点でがあり過ぎると、個人の思い出作りと変わらないような気もするし、猫さんの挑戦と大して変わらないような気もします。

五輪は出場することに意義が言うし、それでもいいような気もする
それなら話題性のある人に出てもらったらいいような気がする
個人的には、男子マラソンは公務員ランナーの川内さんとかに出てもらった方が良かったと思うし、話題性を追求するなら、他国に迷惑をかけずに猫さんに日本代表で出てもらっても良いのじゃないのなとも思う。
その方が話題性があってよいのじゃないか
原発をどうするのか
 ついでに、このことも自分の感想を少し書いておこう。
自分の結論は、現状の施設を耐久年数一杯まで使うしかないだろう。
という、多くの人の意見と同じものだと思うのだけど、どうなんだろうねえ

今すぐ廃止というのでは、現実的な話ではないと思うのだけどねえ

今は、日本の首相自ら個人的な感想を堂々と開陳するだけで、具体策の提案ができない状況というのは、嘆かわしいものですね。
原子力発電など、なければ無い方が良いに決まっているのですが、全く無くしてしまったらどうなるか。
そこの腹案をどうするかがない、廃止は、どうなんでしょうか

まあ、ここまでややこしい状況を作り出したのは、電力会社を含む行政自身に大きな問題があった訳で、世論が厳しくなっている中でも、九電みたいに陰湿な世論操作を堂々を行うようなことをしてまう風潮があるのが問題なんですけどね。
普通に世論の声を問えば、原発反対になるのは仕方ないと思うのですが、それならば国民自身が判断して、不利益を覚悟したということなんだから、その方向へ舵を取ればいいにじゃないのかな。
個人的には、原発は再稼働させた方が良いと思っているけど、全体が絶対廃止なら仕方ないのじゃないだろう
菅首相みたいに、将来的にと前置きはあるとしても、廃止すると述べるだけで、国民の声を聞かないのは、おかしいと思わざる得ないですよね。

政府は、日本国をしっかりと運営していく責任があるが、将来の行く末における重大事項は、国民の声を問うしか方法はないとも言えそう。
国民の声は、原発廃止の方が多そうだが、今の電力状況維持を目指し、安定供給が第一と思うなら、歯を食いしばっても、電力の安定を目指すべきじゃないかしら。
首相が、気楽な評論家気取りをしてしまっては、ダメでしょう。

国民も声を聞くなら選挙をするべきだし、電力の安定供給を目指すなら、閣内一致で懸案に取り組みべきでしょうね。
今の状況は、必ずしも二者拓一ではないと思うけど、不透明などっちつかずでの運営では、状況は好転しないような気がします
今の状況で、自然エネルギーを増やす法案を通しても、目先の懸案には間に合いませんしね。


コメントを頂きました
 原発再稼働についての記事でコメントを頂きまして、お返しのコメント等をしようと思ったのですが、何処にすればよいのか分かりません。

自分は、SNSなるものに十分な理解は得ていません
何なのか分からないレベルのネット原始人です。
すみません。コメント頂きましたのにね。

当ブログは、田舎の暇人の暇潰しの粋を出ておりません。

全国どこの人たちも、今の政治状況を憂慮しているみたいですね。
それそうでしょう。
どうしようもありませんね。

自分は、こういう時、歴史の本をよく読み、その種のテレビも見ます。
平安時代末期とか、江戸時代の御所時代とかのね。
ドラマでもCS放送でも、半村良原作の「天晴れ夜十郎」とかをしてましたね
見ている人はほとんどいないと思いますが、チャレンジしているドラマと言えます。
世間で大評判の「仁」と同じ、現代人が江戸時代へタイムスリップしてしまう話なんですが、現代と同様、先の見えない混迷の中にある天保の世を舞台にしており、最後には、現代に江戸の人と戻って来てしまう、そしてどうなるのかというとことで、終わりなんですが、
河内山さんもお絹さんも、江戸の世同様、政治が混迷していることを知り、ある意味安心し、自分たちでも十分、平成の世もやっていけると確信する。
人というのは、淀んでいるところでしか生息できない生き物なんだと思ってしまいますし、ドラマを見て共感もしました。
愛さえあればやっていけるということで終わっているのも、良い終わりかたでした。

世の中が、聖人君子たちばかりよりも、権力闘争に終始している時程、文化が爛熟し、庶民は生き生きしていたと写るのは、人間社会の真相の一つと思えてしまうんですね。

政治家がバカなことをしているのは、いつの時代もそうであるし、それでも庶民は生きていかなくてはいけない。当たり前のことを確信させてくれる歴史の暗黒期の話は、有り難いものだと思いますし、勇気づけられます。

同じBSでやっている藤沢周平原作の「風の果て」などは、世のおじさん族の星、藤沢先生の原作で、出世した男の生い立ちを綴っているのですが、見ていて非常に堅苦しい。
君はそこまで歯を食いしばってどこに向かうのか。
団塊の世代より上の世代が絶えず噛みしめていた主題は、そういうところにあったのかと、見ていて納得はするのですが、本来的な共感は自分はしません。

いろいろなドラマを見れて、最近楽しんでいる次第ではありますね

原発再稼働について
 原発事故を起こした東京電力管内以外の地域でも、電力不足になっておりまして、盛んに節電を訴えかけています。
仕方がないと言えば仕方がないのですが、納得づらいところもあります。

折角ある原発施設を使わないで、電力不足になってしまうのとうのは、おかしな話です。
究極原発の安全性の無欠性を議論しても不毛なような気がしますしね

耐久年数が切れてしまった原発は速やかに廃炉し、これからは原発は作らずに、代替エネルギーへの転換を図るというのは、長期的な議論をするべきで、管首相が、せっぱ詰まった今国会で議論して解決する問題でもないでしょうね。
ごちゃごちゃ状況を見極めもせず、感情的に原発の安全性を声高に叫んでも、どうなることでもありませんのにね。
自分がここでも納得し難いのは、浜岡原発の停止を意気軒昂に発表した管首相が、政府の方針である停止している原発の再稼働の地元知事への説得には、知らない顔をしているところですね。
おいしいところは自分の手柄にして、おいしくない仕事を部下の海江田大臣に押しつける姿は、見ていて大変醜い。
佐賀県としても、首相が腰を折って話をすれば、なんとかするという状況を作って待っているのにね

管首相が徹頭徹尾原発に反対で、日本中の原発を停止させるつもりなら、堂々とそう述べ、更なる節電を国民に訴えるべきだし、そういうところでリーダーシップを示すべきじゃないでしょうか。
部下の大臣を、こそこそ派遣して原発再稼働を図る姿は、矛盾しておりますわね。

右か左かをはっきりさせなくては、やったもの負けになってしまいますし、政府の対応は狡いと思われても仕方ないでしょう。
人というのは、バカな人よりも狡い人を嫌うものだと自分は思うのですが、どうなんでしょうか
生レバーについて
 生肉を食べたことについての、死亡した事件があったことがありまして、生肉をどうするかという議論がありますね。
これなどは、どうなんでしょうか。

自分の周りでは、生肉は食べませんで統一しているのですが、世間ではどうなんでしょうか。
それでも食べたい人は、自己責任でという訳にはいかないのかな。

いかないから、議論するのでしょうけど、不毛な気もしますね。
そもそも牛肉というのは焼いて食べるものなのに、無理して食べようとするから、食中毒になってしまう。そこのところは、異論はないと思うのですけど。

ここのところ、いろいろと政局が動いてますね
 このブログは、オピニオンブログではないので、その種の発言はしないようにはしているのですが、ここのところの政局の変動には、只ならないものを感じますね
数日前に、献金問題で外相辞職したことなんか、実のところ大したことがないと思ってしまうくらいです

自分の住んでいる町の直ぐそこの新燃岳の火山活動が地下では再び活発化しているらしいので、そこのところを本当は一番の懸念材料なんですが、
政局の動きが早過ぎるので、そちらの方により注意がいっております

沖縄でのアメリカの高官の発言やら、年金問題とか、竹島での発言の問題とか、唖然とするところが多すぎです

それぞれの問題について、いろいろ考えるところがあるのですが、個人的に一番問題が多いと感じたのは、年金問題です。
民主党は、年金問題に真摯に取り組んでくれるであろう期待感があって、多くの人が投票したに違いないのですし、長妻元大臣のようにスペシャリストもいたはずだったのですが、その長妻元大臣が、簡単にその大臣の地位を放り出し、後任の大臣に引き継ぎも十分にせす、その後任の大臣が、主婦の年金の問題を知らなかったと言ってしまった。
期待感が大きかったはずなのに、どこに問題があるのかを認識していない人をその地位につけて、知りませんでしたで、幕引きをしようとしていることに、大きな失望を覚えます。

誰がやっても、満足がいかないような問題なんですが、きっちりと問題に向き合って、民主党が政権を取った後、継続して同じ大臣を据えて取り組んでいれば、それなりの成果を得られたかもしれないし、成果が得られなくても、努力している姿がかいま見られたら、それほどの怒りも感じなかった問題に違いないですしね。

年金問題を取り組む意欲が、民主党に全くないというは分かったのですが、そういう事実を改めて突きつけられると、なんだがなあ。と思ってしまいます
どうして年金問題に国会議員が手をつけないのかは、自分たちの優遇されている議員年金に手をつけないとダメだからなんでしょうけど、それだったら、マニフェストとかで偉そうに書かなければいいのにね。
ちなみに、自分は民主党に票は入れませんでした。
議員が、自分たち自身の身を削ることをするはずがないと思ったからです。

それと、この主婦の年金問題は、本質的な方向からずれていっているのも気になるところです。
離婚したり、夫が会社を離職したりした場合に、3種保険者から1種保険者に移行する訳なんですが、収入が激減した立場に置かれたはずの人たちに、年金を払わないと、給付はしないぞ。
こういうことを、四角四面で行う是非がどうなのかが、この問題の本質にあるはずでしょう。
そこをもっと議論して救済していくべきなのでしょうけど、その種の議論をしないで、淡々と制度の運営だけを行っていこうというのは、どうなのかと思います

これも考えてみれば、民主党は残念であったと思いますね
長妻前大臣が、継続して大臣をやって国民に問題を提示して進めていけば、なんらかの成果はあったかも知れません。
でも、問題自身を認識していない人を後任の大臣に据えてしまったら、当初の目論見は全く期待できないですね。

そして、今日延々と騒いでいる竹島問題
これも、政権がはっきりと竹島が日本の領土だと毅然と主張しておけば、こういう議員の行動は出なかったような気がします。

政権自身が、腰を据えて、諸処の問題の取り組む姿勢がないのが問題なんでしょうか。
自爆を続けているような気がしますわね

隣町まで口蹄疫がやって来た
 先ほど都城市で口蹄疫に感染した牛が見つかったとの報道がありました
ついに隣町まで来ましたね。

西都で踏みとどまってくれたらいいのだけどと思っていたのですが
残念です

都城地区は、宮崎で一番畜産業が集中しているところで、川南町と同等の殺処分をするのであれば、更に2,3倍の牛、豚を処分しなくてはいけなくなり、兆を超える金額が必要になるでしょう。

国家的レベルの問題になっておりますね
正式には時期農水大臣も決まっていない状況であるというのは、いかがなものか。
民主党としては、知らない振りをして選挙に突入したのでしょうけど、この状況は如何とも、し難いですね
宮崎県としては、もうお手上げ状態です。
近隣の農家も諦めムードになってしまいました。
口蹄疫発生後、2月近く戦ってきたのですから、もう現場は疲労困憊状態みたいです。

都城まで拡がったということならば、近日中に鹿児島への拡がる可能性が高まりました
本当にウィルスというのは厄介です。