影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
オリンピックが開幕しました
 ソチオリンピックが開幕しました
まだ序盤なんですが、日本勢は、苦戦しているみたいです
街中どこも、ため息ばかりなのかも

自分は、深夜の放送が多いこともあって、そんなに見てないです、結果が分かってしまうと興味が半減しますしね

気になったことは、ジャンプの日本選手のユニホームがバラバラなこと
フィギュアスケートで、プルシェンコが復活していること
などでしょうか。

それと、一番注記すべきは、冬季五輪なのに、巨大メインスタジアムがあり、立派な競技施設の数々ですね、長野五輪なんか、これらの設備と比較すると、みすぼらしいものに思えますね
五輪開催のハードルがどんどん上がってますね

それと、羨ましいのは、開会式の流れたストラビンスキーやチャイコフスキーの音楽。
それらの作曲家が、自国にいるというのは、やはり大きな強みですね
それと素晴らしいバレエダンス。
こういうのは、その国の底力を示すもので、そこは大したものだと思えました
延岡学園残念でした
 宮崎県民としては、是非延岡学園に優勝してもらいたかったのですが、残念でしたね
相手の前橋育英の方が、強かったと言えばそれまでしたが、返す返す残念です
宮崎県のチームが、甲子園で優勝できるチャンスは、めったにありませんしね

延岡学園は、宮崎県大会の決勝で、大接戦を演じておりまして、その時得た勢いで、勝ち進んだ気がします

今大会は、カット打法、サイン盗みとかも取り出されましたし、少し残念な雰囲気があったのですが、決勝戦は、正々堂々戦われ、高校生らしい清清しかったですね
勝ち負けだけを取り出しては、ダメということなのかしら

奇しくも、イチロー選手の4千本安打に、全国的話題は、攫われましたが、宮崎県では、今は、延岡学園の話題で持ちきりみたいです
今年のスーパーボウル
 今年のスーパーボウルを録画で見てみた
録画で見ると、途中で早送りしたりするので、厳密には全部見たとは言えないのかも

レイブンズが49ERSに勝った
レイブンズのQBのフラッコが、神がかりというか、暫く見ないうちに、成長していていましたね
アメフトと言うのは、タイミングが絶妙なパスを繰り出されると、守備はできない見本みたいなプレーが多々あったような気がしますね
簡単に見えるのですが、途方もないプレーなんだけど、そこをさりげなく出せる、良い選手になりました
数年前のフラッコからすると、びっくりするくらいの成長です
元々が強肩だったのも良いですね

一方の490ERSのオフェフェンスプレーに、オプションプレーが度々繰りだされているのも、変な感じですね
カレッジでは、花形プレー、特に中西部のい大学では、多用されていると言えるのですが、NFLで、堂々とそのプレーを選択するのは、先祖帰りですね
悲しいかな、レイブンズのラインバッカー陣は、NFL最強。余り通用しなかったのかも
49ERSのキャバニックが、もっと相手選手を引き付けて、自らのランか、トスかを選択しなくてはいえkないのでしょうけど、そこが甘い。
獰猛なNFLのデフェンダーを十分引き付けるというのは、そもそも無理なのかも

この前読んだ本「ブラインドサイド」のオアー選手も出ていましたが、レイブンズのブラインドサイドを守ってませんね。右サイドにやられてました
一方、この本で触れられていた元レイブンズのオフェンスタックル、オグデンは、殿堂入り。
元バッカ二アーズのウォーレン・サップ。今年引退を表明したレイブンズのレイ・ルイスと同じ、マイアミ大学。同じ時期に同籍していたようで、どんだけ凄いんだマイアミ大学。
当時は、マイアミの3つの大学の全盛でして、フロイド大学、フロリダ州立大学とともに、全米を席捲してました
サップは、NFL入団時に問題があったようで、少し低い評価で、当時ダメダメのチームに入団して、そのチームを強くしました
レイ・ルイスもそうで、ダメチームに入って、チームの屋台骨を支え続けました。
ルイスの何が凄いのかというのは、説明しにくいのですが、本来地味であるはずの、インサイドのラインバッカーなのに、華麗なアウトサイドラインバッカーより目だってしまう
チームを鼓舞するプレーが多いし、リーデング能力、パスカバーも非凡。
これも、この前読んだ「ブラインドサイド」での話と、少し違ってますね
壊し屋そのものの、強烈なパスラッシャー。よりも、万能は、それを凌ぐ。
アメフトは、日々進化しているということなんでしょうかね

今年も、いろいろスーパーボウルを見て考えさせられましたね
NFLが開幕
 昨今のサッカー人気で、ほとんど報道されてませんけどNFLも開幕したみたいです。
最近は、日本でのアメフト人気は下火になってまして、全然話題になってませんねえ

昨日BSでやっていた番組では、重要なことがいろいろあったのを知りました
中村選手という日系選手がいるらしい
アメリカで育ったみたいなので、日本では全然認知されていないみたいです
英語でしか、情報が入手できないのは寂しいですなあ

今シーズンは、全米の注目は、ペイトン・マニングの移籍がありました
個人的には、もうダメでしょうと思うのですが、スーパースターなのだから脚光を浴びるのは仕方ないです
自分としては、引退から49NERSニ復帰したらしい、ランディ・モスの動向が気になりますね
モスは、自分が大好き選手でして、モスがいるから今年は、49ERSを応援しようと思っているくらいです。
年だから、爆発的なスピードは、もうなくなっているのでしょうけど、なんとかスーパーボウルまで辿り着いて欲しいですね
適当に、長いパスを投げて追いついてキャッチする、アバウトさが好きでしたし、ペイトリオッツでは、スーパーに勝ちたいが為に規律あるプレーもできる姿も印象的でしたが、第42回にスーパーボウルでは、まさかの逆転負け。自分も涙しましたが、もう一度、あの舞台に勝ち上がって欲しいものです

49ERSでは、もう一人のWRの移籍選手のマニンガム選手の方が戦力になると見られてますけど、全体的に楽しみな選手が多いチームなったようですし昨シーズンが悔しい終わりだったので、今シーズンの期待値は全米で大きいでしょう
個人的には、メジャー志向ではないので、その点は、受け入れがたいのですけどね
ロンドン五輪 雑感 その3
 その3もあったりして、誰が読んでいるのかは不明ですが、取り敢えず書いてみましょうか

ベルリン壁崩壊までは、共産圏の国が強くてどうしようもなかったですね
日本が、金メダルを獲得できるのは柔道とマラソンくらいしかなく、体操も水泳も押されぱなしだった時代がありました。
その頃は、今よりもテレビもしおらしく。ロス五輪の時なんか、瀬古選手に似ていた楽太郎さんを瀬古選手にみたてて、金メダルを取ることをイメージしたビデオを作って、それを国民が見て、数少ない期待競技にのぞみを繋いだものでした。
ロス五輪は、共産圏の国はボイコットしたので、けっこうメダルは取れたのですが、その頃は、一杯一杯やってもダメだったことが多かったような気がしました

ベルリンの壁が無くなり、しばらくしても日本は振るわなかったのですが、シドニー、アテネくらいから、メダルを取れるようになってきました
ですが、日本も取れるようになってきた一方、中国、韓国とかが、急速に伸びてきて、日本を追い抜いてしまった感があります

国威発揚の為なんでしょうけど、死に物狂いでやっているという印象があります。
今回の五輪での感想においては、日本も見習って、より力を入れてメダルを取れるようにするべしという意見がある一方。そんなにしなくてもいいのではないかという意見も大きくなってきたような気がする
選手であれば、金メダルを目指すのは当然とも言えますが、メダルを取れなくても、大したことはないようにも思えます

ブラジルとかは、もっとメダルを取っていてもおかしくなさそうなんですが、3つくらいしか金メダルを取ってません。
ですが、誰もブラジルが、ダメだとは思わないし、多くの種目において選手を出していて健闘している姿は称えられこそすれ、非難などされない。
日本も、金メダルの数は少ないけど、銀、銅はけっこう取ったし、多くの種目で健闘した
世界中の誰も非難などしないでしょう。隣の国を除いてはね

国威発揚にオリンピックを使う時代は過ぎてきているかのような印象を、今回の五輪では感じた

韓国とかは、多くの金メダルを取ったけど、オリンピックの政治利用を指摘されているし、いろいろと物議をかわすことを行っていて、国の印象そのものを損ねているような気がする。
普通に親善友好の立場で、多くの競技に参加いた方が良いような気もする
その方が、多くの国の人から認められるのではないか。

普通が一番というのは、月並みかも知れないけど、一部の超人の活躍を除いて、世界中の人が注目した競技は限られている
世界中誰も、注目競技以外は、無関心でしょう。

リアリストな中国人もそのところに気がつきだしていて、マイナーな競技でメダルを多く取ってどうするという論評も書かれている。
その点は、日本のマスコミとかは、遅れておりまして、メダル獲得おめでとう。よくやっただけで、終始しているような気がする。

ダラダラと何を書いているのだと言われそうで、結論はと言うと
日本の国力からすると、五輪強化費などは、大したことはなく、もっと出してもいいと思うけど、五輪で多くのメダルを取っても、世界中からは、必ずしも注目される訳ではないことも知っておくべきだと思う。
その一方で、メダル獲得を政治利用する国との、不必要なトラブルは、残念ながら増えてきそうな気がする
負けるが勝ちで、五輪への力をし注ぐのを止めてしまうのも、選択肢の一つなんじゃないかとも思うようになった。
ロンドン五輪 雑感その2
 ロンドン五輪について書いていると、いっぱいありますねえ
テレビであれだけやっていたのだから、当たり前か

テレビでの放送が、日本選手中心なのは、仕方ないのですが、それは残念なところでもあります
ただし、バスケットボールみたいに、アメリカが圧勝するものが分かっているものを放送しても面白くないですねえ
バスケットボールは、オリンピック競技から外した方が良いと、個人的には思うのだけどどうなんでしょうか
それを言ってしまえば、野球の五輪についても考えさせられますね

ぶっちゃけ、個人の意見としては、五輪に野球は必要ではないと思います
ソフトボールは、あっても良いと思うのですが、シーズン中に、わざわざ選手を派遣しても損するところの方が多いでしょうし、開催国にわざわざ競技場を作っても、使われなく設備を作るだけで無駄になってしまうでしょう。
野球関係者、、プロ関係者は、五輪復帰は望んでいないとも思う、WBCですら、派遣に選手会は反対してますしね

五輪は、できるだけスリム化していかないと、開催式において、選手が溢れ過ぎて、適当に文句を言わなそうな国の選手を場外へ導いてまぶいていかないとダメになってしまう
日本の選手団が、場外へ出された原因は、それなんでしょうけど、その原因そのものに触れるマスコミとかはいないとはどうしてなんでしょうか

開会式、閉会式がどんどん大げさになっているのも気になりますね
北京五輪で、行き着いてしまったと思ったのですが、ロンドンは頑張ってしましましたね
演出が巧みだったので、見ていて飽きなかったとも言えますが、これから五輪を開催する国には、プレシャーを与えたでしょう。
その点でも、日本での開催は無理かも。
日本には、世界的なスターはいませんしね
ブラジルは、困ったらペレを出せばいいのですから、良いですよね

日本での五輪開催については、個人的には良いと思いますが、それは関東の人が本当に開催したいかにかかってますね
五輪を開催しても、九州から駆けつけないですしね。開催される頃には、年を取ってこの世からいおなくなっているかも知れませんしね
オリンピック雑感
 ロンドン五輪についての感想を追記しておこうかな

今回の五輪は、最後になって政治と五輪の関わりについて考えされる事件がおこりましたが、それは本当に残念な出来事だったと思いますね

その一方、北京五輪で、ゴリ押しをしているかのような感じだった中国が、しおらしくなっていた印象がありました
自分は、新体操が好きで、自分の中での毎回の五輪での注目競技になってました
北京では、中国の新体操チームが躍進してまして、シンクロの躍進ばかり注目していた日本のマスコミは、なんやねんと思ってました
この時の日本チームは、不振でして、今回の五輪のチームは、順位はそれなりでしたが、十分な存在感があったと思います
話を戻すと、北京での中国新体操チームの躍進の後何があったんだということでしょうか
北京では、強豪国に対しても互角に戦ってまして、自分の中では衝撃があったのですけどね
中国では、不人気で強化を止めてしまったのかしら
新体操の個人では、韓国選手が頑張りまして、メダルには届かなかったのですが、5位でしした
韓国内では、大人気のようでしたし、放送でも注目してましたが、自分の見るところ、残念なことに、短足でしたね、容姿は素晴らしいのですが、足が短いのは残念。
アジア人は、こういうところが残念なんですが、それを言ったらおしまいですねえ
ですが、日本のサイード横田選手なんかは、足も長いようで、そこは素晴らしいのですが、芸能界に入りそうな気もしました
外人にひけを取ってませんでした

ディーン元気選手は、欲しかったですね。もう少し冷静に投げていればチャンスだったのにねえ

女子400メートルでは、期待の高校生の土井杏南選手のところで、バトンミス。
残念でしたね。こリレーでの日本選手は容姿端麗なのには驚いた。どうしてそうなんだ。

レスリングの金メダル取った米満選手の相手のインドのクマール選手にも注目してました。
決勝では、体調不良だったようでしたが、強豪でした。インドでの今大会の唯一の金メダルなるかということで、会場は凄い声援でした。順調に勝ち上がってました、準決勝は死闘でして、両者フラフラになるまで戦ってました。レスリングって、あんなポーズをしたり、こんなポーズにされたりと、くんずほぐれつされてました。体が柔らかくないとできないのだなあと、いたく感心。
反則技じゃないのかというものもあったのですが、それは審判の見落としなのか、そういう技があるのかは、判然としませんでした
決勝では、米満選手を応援しましたが、クマール選手にも勝たせたかったなあ

自分の知らないところで、面白ドラマが、あっちこっちでやっていたのだなあと思うと、見落としたのではないかと思うと、残念。



女子マラソンを見た
 女子マラソンを見ました
途中、庭に出て花火を見ましたけど、大体は見たので満足
今回のマラソンは、周回コースでした。
けっこう良いもんですね

観光案内も兼ねていそうで、賢いやり方ですなあ

レースは、エチオピアのゲラナ選手が優勝
接戦を制したました。
雨の中のレースで、熱くはなさそうでしたけど、過酷なレースでした

日本の選手は、力及ばずの感じで、世界との差を感じました
男子は、最近の五輪では、全く歯が立たない感じだったのですが、女子もそうなったのかと思いましたね
少し寂しくなりましたね
一万メートル
 オリンピックも陸上が始まり、個人的には待ってましたです
ワクワクしてます
1万メートルを見てます

ロンドン五輪の不気味なマスコット「ウェンロック」も踊ってます
ロンドンの観客は、良いですね、心から応援してます。こういうところは見ていて清々しい

凄まじいラストスパート
声援はマックスです
地元選手が優勝
ベケレは3連覇ならず。

今日もいろいろ競技あるようです
ですが、もう眠たくなってきました

心地よい風が吹いてます
寝てしまった
 昨日これからしっかり見るぞと思っていた、体操女子個人総合は、最初だけ見て寝てしまった。
録画しているので、そのうち、しっかり見てコモワ選手を観察しよう
コモワ選手は、表情が顔に出すぎですよね、
ライバル選手の成功を見て、悔しそうな顔をそのまま出してますもね
ある意味性格が悪いのですが、こういう感じの性格の悪さは嫌いじゃないですね
これが、若者言葉にあるツンデレなんでしょうか

宮崎は、雨が多いせいか、暑くないので、大変過ごしやすいなっているみたい
テレビとかで、暑くなるというニュースが出ているのを、大変ですなあと、他人事のように見ています
その変わりの雨なんですがね

さきほど、バレーボールを見ていまして、大変気合の入った試合でしたね
この試合は、第一セットでリードして追いつかれてしまったのは残念でしたね
どうしても、セット終盤になると、思い切りのいいサーブレシーブを打てなくなり、相手も強打を許してしまう。そこで思い切りコースを狙ったサーブをと思うのですが、失敗したら、非難の的になりそうで、無難な選択をしてしまう。
負のループですなあと思った

寝ている予定だったのに、見入ってしまいそのまま起きております。
今から寝ても問題は、ないのですが、なでしこジャパンの試合を見るべきかどうかで悩んでおります