影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ストロベリーナイト
ストロベリーナイト   誉田哲也   光文社文庫


「ガール・ミーツ・ガール」読後、誉田先生の本を他にも読みたいと思って、この本を手に取ったのですが、冒頭のぐろいシーンを読んで、読むのを止めてしまった。
そして積読いたのですが、ふとそのぐろいところの後から読んでみると、読み通すことができました。

自分は、ぐろいのか、怖いのが苦手だ。

かなり濃いタイプの警察小説ですね。
実のところ、自分は警察小説、自衛隊小説(図書館戦争とか)も、それほど好きなジャンルじゃないですね。
なので、この小説には良い読み手ではないですね。

この小説の主人公の姫川玲子さんが、警官を目指す動機というところが、この警察組織の家族主義的な一体感

・ 警察官の警察官に対する身内意識は強い。普段はいがみあっていても、成績争いに足を引っ張り合っていても、ひとたび身内が危険に晒されると、団結してその救出に向かう。それが警察官。それが警察界。玲子はこのとき、初めてそれを肌で感じた。

この小説内でも、仲間同士の抜く打ち合いをしているのですが、最後に救ってくれるのは、仲間です。
その仲間、仲間というより敵役のガンテツ刑事が、最後はおいしいところを持っていきました。
最後に目立った分だけ、主人公よりも自分的には脚光を浴びていると感じた。
リロイ・パウダー刑事(M・リューインの小説の主人公)のようです。
古今東西。灰汁が強く、女性蔑視のようでいて、思いやりが心の奥底にある刑事。
もちろん、この本を読んで、ガンテツ刑事をこのように思う人は少ないかも知れないですけど

姫川刑事は、女だてらに、男が幅を効かせる現場で奮闘する健気なお嬢様みたいです。
部下の刑事たちに傅かれているかのようです。
その掛け合いは楽しいですね。

一方犯人、その黒幕と言える人物は、個人的に陳腐に感じましたね。その動機で、そこまで酷いことをできるのか。
ただの快楽のみの方が説得力があったかも知れないですね。

面白かったので続きも読みたいですが、ぐろいのは勘弁して欲しいなあ。
ガール・ミーツ・ガール
 ガール・ミーツ・ガール    誉田哲也    光文社


「疾風ガール」の続編を読んでみた。

この物語は、女の子のメジャーデビューへの過程を描いたものとも言えるます。
そこへ至る道を、こつこつ進んでいくという訳ではなく、様々な葛藤があります。

主人公の夏美さんは、元気一杯なんですけど、ただ単に光っているだけはありませんね。気に入らないものは気に入らないと言うが、芸能事務所の人間関係とか、過去に失踪した父親が現れたときは、父親への気遣いを見せます。
多面的な人間性を持った女の子ですね。

付き従うのは宮原さん。
元バンドマンでもある宮原さんは、前巻に較べると、ここでは、所属する事務所のタレントのブログとか雑誌のコラムの代筆とかをしております。(現実世界でも、芸能人のブログってそうなんでしょうか)
地味な役割です。

そして題名にもあるように、ある女の子との出会いが、この巻での主内容でした。
全く異質だと思われた二人が、打ち解け会っていくところは、青春ですねと思わせます。

この巻でかっこ良かったのは、夏美さんが所属する事務所の専務の梶原さん。伝説の一発屋の(この説明はおかしいかもしれないですね)井場さん。
脇の人たちも輝いておりますね

 「哀」をリスナーに感じさせるメロディセンス、それをきっちり伝える歌唱力。音程も正確じゃないといけないし、声色、つまりトーンもベストなものじゃなきゃいけない。ここはこの音で、このトーンで唄うから切ないんだよ、ってのが必ずある。それを毎回狙ってできる確かな技術が、楽曲には必要とされる。
疾風ガール
疾風ガール     誉田哲也     光文社文庫 


「武士道」シリーズは、自分のお気に入りのシリーズになったので、同じ作者の本も読んでみた。
この本も自分的には、大ヒットです。

内容は、無名の才能豊かな女の子が見出されることと、その豊過ぎる才能が巻き起こす事件を描いていました。

ストーリーは、事件が起こり、そこを軸に話が展開します。その顛末と結末は複雑ではないのですが、出てくる人物の描き分けが、くっきりできていているし、ヒロインの夏美さんが、魅力的なじゃじゃ馬なので、面白く読めましたね。
お弁当の歌の歌詞も書いて欲しいですよね。

端役の40代半ばの田舎ロッカーJ・Bさんの存在感は、どうなんでしょうか。眩しすぎます。
キャバクラ好きの芸能プロ専務の梶尾さんも魅力的だなあ。
キャバクラ嬢の塔子さんも魅力があるし、夏美さんの才能を見出し追いかける芸能プロの社員の宮原の彼女の千鶴さんも良い感じですね。
他、魅力的な男女がいろいろ出ております。
自分としては、J・Bさんに注目です。

・ いやーッ、いいなぁ、キマってたなぁ。ああいう中年になりてぇなぁ

J・Bさんに会った後の夏美さんの人物評。


・ つまり、出だしのメロディ、繋ぎのメロディ、サビにいく、その流れに秘密があるの。一番大切なのはサビ。その前のAメロBメロとは違うものが、サビには必要ってことよ。でもメロディのよさじゃない、そんな印象の問題じゃない。もっと数学的な、科学的なことなの

夏美さんの言葉。深いですね
武士道エイティーン
武士道エイティーン    誉田哲也  文藝春秋


楽しみにしていた「武士道」シリーズの最新刊が出ていた。
一ヶ月も前に出ていたのに、知らなかったなんて、自分って本当にうっかりさんですね。

香織さんと早苗さんの決着はどうなったのか。

という真っ直ぐな展開ではなくて、脇の登場人物にも光を当てていましたね。
今の時代の若者の武士道とは何か。というのを追求していくのに、
章を割いて語るに足るべき人物もいたような気もしますが、早苗さんのモデルのお姉さんを主人公とした章では、本筋の武士道の話とは、微妙にかけ離れていました。
前二作のお姉さんの行動には、しっかり筋が通っていたのだと見た気もして、すがすがしかったですね。ここはこういう繋がりがあったと思ったと同時に、お姉さんって、けっこう頑張っている良いい人じゃんと、見直しました。

この物話に出てくる人は、みんな一生懸命なんですね。
香織さんお父さんだって、しっかり娘のことを大事に考えています。

しかし、主人公の二人以外の話が、この巻では大きな比重がありすぎなのは、自分的には不満が残りましたね。
話の展開は、一直線である必要はないし、多様な人物にはそれぞれ語るに足る人生があったとしても、二人の熱いシーンがもっとあった方が良かったと思った。
 
続編がありそうな展開でもあったので、それはそうで良かったのか。
一応綺麗には終わっているし、美しい高校生活の話プラスαで完結と見るのが妥当ではありますね。

この本の続編で、自分は、早苗さんに焦点を当てて、和風、平和主義、武士道で、話を進めて欲しい気もします。
どんどんあか抜けて綺麗になっていく早苗さんの行状には、関心が尽きることはないですね。
香織さんも、早苗さんに感化されて、より高い次元の武士道に目覚めた訳だし、そういう精神的に進化する話もありですよね。

本当に良い話です。
青春群像劇としても秀逸で、河合さんとかには、違う形でもっと出て欲しいです(この巻では、早苗さんのお姉さんの恋のライバルとして登場しておりました。)

この話も映画化されるらしいのですが、どうなんでしょうね。
香織さん当初の性格の悪さを全面に出し、容易に馴れ合わないようにすれば、個人的には面白そうだろうと思いますが、そういう描き方はできないでしょうね
早苗さんも香織さんも、恋には無縁で、剣道ばかりですし、可愛く描かれる対象でもなさそうです。
好きなことに夢中であることが、一番の魅力なんだと描いても、観客は納得はしないでしょう
そこを折り合うのは困難でしょうね。
武士道セブンティーン

 武士道セブンティーン         誉田哲也       文藝春秋

最近忙しくて、本を読む間がないのですね。
テレビなんかもほとんど見ていない状態でもあります。
折角録画したフィギュアスケートも未だに観ていないし、アメフト中継も観ていなくて、結果しか知りません。(コルツはどうなっているのでしょうか、何故タイタンズが調子が良いのでしょうか。)

でも、ちょっと合間に入った本屋で、この本を見つけてしまった。
「武士道シックスティーン」の続編だ。
また、香織さんと早苗さんに会える。
即買いして読みました。
深夜まで熱中して読みました。
深夜にほろほろしたり、笑ったり。
おかげで寝不足です。
「シックスティーン」は、偏狭な性格の香織さんが、ほんわか癒し系であるところの早苗さんに、感化されていく過程を描いていました。
どちらかというと香織さんの方に重心があったような気がしますが、「セブンrティーン」では、剣道の名門高に入った早苗さんの苦悩が描かれていました。
私たちの武士道を探求する若人たちの熱い日々ですね。
早苗さんは、ここで一つの決断をしましたね。
そしてその顛末は、この後の続編で書かれるのかなあ。
楽しみだなあ。


・ 「………ごめんくださぁい」
「……あん転校生?」

早苗さんは、名門校の門をくぐりました
でも、ほのぼのとしてますね


・ やっぱり不親切だな。この学校

あんまり第一印象も良くないみたいだ


・ あんたも、これから除々分かってくと思うけど‥‥この学校、試合に勝つためなら、なんでもやるから気ぃつけた方がええよ

ここは虎の穴かい


・ そんな剣道……私、大ッ嫌い


武士道シックスティーン
武士道シックスティーン    誉田哲也     文藝春秋


本屋さんで見かけて、ピピィときた。
自分の好きそうな本じゃないかというセンサーが発動した。
単行本なのに買ってしまった。そして即読み通してしまった。
読後即、続編希望。
香織と早苗のインターハイでの対決を読みたいワン。

青春ですね。
棒を振る青春いいですよね。
性格の全く違った二人がどんどん似てくるというのがおかしいし、
何事にも夢中な人って、同じようになってくるんだと納得。
交互に、二人の語りで話が進められて、同じことも視点が変われば、違う見方をしており、奥深く感じさせているね。
その差も面白かった。
周りのキャラクターも、良い味だしている人が多々いたが、重点が二人に絞られていたので、それほど割かれて書かれなかったのが少し残念。
なので、もっともっとこの物語を書き次いでいって欲しいですね。

日舞を習っていた経験があるが、剣道歴短い早苗は、勝負に拘らない、上達するのが楽しくて剣道をしているという。剣道強豪校には珍しいタイプ。
一方の香織は、武蔵に私淑し、とことこん勝負に拘る。今を生きる剣豪そのもの。
顧問の先生に、お前には折れるこころすらないのか。と言われような鬼みたいな女だ。
硬軟全く違う個性を持つ二人は、反発しばがらも、友情を育んでいく。
星飛雄馬と花形満のようなものなのかもしれないわね。少し違うのか。
つまり、ライバルでもあるということ。
切磋琢磨してこそ青春。馴れ合うほど飼い慣らされていない。今の子も十分元気だ。
ということなんでしょうか。
それにしても、この物語も色気成分が少ないとも言えますね。
ストイックですね。
でも色気の方では、早苗さんのお姉さんと、河合先輩の間にどんな葛藤があったのか、知りたいですね。


・ 身ひとつに美食をこのまず

ストイックだ香織さん


・ 私はやっぱり、自分の成長が確認できるような試合内容が好きだし、そういう試合をさせてくれる相手が好きだ。そんな選手との試合だったら、別に負けてもいいと思っている。重要なのは、自分の成長。上達。その確認と、実感。

早苗さんの言葉は実に為になるとも思います。


・ ただ、並外れて呑気、という面も持ち合わせている気がする。そこに肚を決められたときだけ、あくまで臨時で「不動心」が生まれてくれるのではないか。いわば「お気楽不動心」の発動だ。

並外れて呑気。お気軽不動心。香織さんの早苗さんの剣道の分析は鋭すぎる。
でもどこかユーモラス。


・ いずれの道にも、わかれをかなしまず。

香織さんの心中は、……