影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ゴーマニズム宣言SPECIAL AKB48論
 小林よしのり     幻冬舎


このブログは、当管理人が読んだ本の気楽に書いているものなので、この本の小林先生のように熱く、濃く語っていることについて、十全に対応して書いているとは言い難いとまず、前置きしておこうかな

場末の流行らないラーメン屋みたいな、このブログで、これだけ日本を熱くさせている問題について、どうして知りたいと自分は、思ったかというと、NHKで放送している「AKB48 SHOW」の新曲を披露しているところで、メンバー間に、明らかにダンスのスキル差があるものがあり、熱意の感じられないメンバーがいるのに気づいてしまったことと、そのメンバーが、国民的行事になってしまった感のある総選挙で、一位であることの事実に、どうしてそうなんだろうと思ったからです

小林先生の本を読むと、どうしてそうなっているのかが、大体分かった気がした

・ アイドルは、恋愛禁止を金科玉条とし、ストイックに生きてこそ正道。

・ 年を取った過去の歌手よりも、若い人の真剣な歌こそ、心を揺さぶられるものがある

・ 正道を歩み、日々研鑽を積む者より、テレビに媚び、バラエティタレントで生きる者の方が、より人気を得るような方向へ向かっていることへの不安

・ 厳しい競争に生き、しっかりと、あらゆる性別、年齢に対応もできる訓練も成され、被災地を絶えず勇気づけるアイドルへの賞賛

自分が理解したことは、こういうところだと思うけどどうなんだろう、合っているのかな

小林先生は、マンガ家という厳しい競争社会に生きてこられていますので、絶え間無い競争を強いられているAKB共感は、只ならないものがありますが、それぞれの職業をプロ意識でやり遂げろというのは、過去の著作でも、同じことを何度も言っておられますし、アマチュア全盛の今の世では、アンチテーゼになってますが、それは、NHKの「あまちゃん」と真逆の方向であるとも言えますね

自分としては、どう感じ、どうするのかというところでは、プロ意識を全面に出す方が、逃げ場を作っていない分だけ、底力があるような気はしますが、
世間的には、それでは生き苦しいと感じる人が多いような気もします。
そこの折り合いをどうつけていくのか、進歩か堕落か、人それぞれの見方によっていろいろ変わってきそうですね
坂道のアポロン
 小玉ユキ      小学館


このマンガは、最近アニメ化されていたようで、BS何とかで放送してました。
各話録画していたのを、最近纏めて見て、更に原作本も読んでみました

放送日が、4月から7月くらいまででした。宮崎は、その頃連日雨でしたので、ところどころ、雨天放送になって、中断してました
もどろかしいので、原作まで読んでしまいました

アニメのオープニングの歌が気に入ったのと、その背景の絵が美しかったのは、ポイントが高かったですね
ですが、内容は昭和40年代の長崎佐世保が舞台。
基地の街であり、ハイカラなところと言えども、地味目な話ではありましたね

昔の学生は、背負っているものが、今の若者よりも深く大きかったとも言えますし、学生も大人びていたと思うのですが、このマンガの主人公たちは、繊細な内面を持ち、心は揺れ動きやすいようです。
本当に、当時もそうだったのかどうかは、知るよしもないのですが、今の人にも、分かりやすい世界が呈示はされてますね
だと言っても、一人一人が力強く、自分の道を模索しているのは、心を打ちます
題名にどうしてアポロンとあるのかも、最後まで読むと納得。
主人公薫さん、そのものだったみたいです

損得抜きで、自分が求められる所にこそ、居場所を見つける。
そこにいたる道は、キラキラと光輝いているような気がしました

個人的には、律ちゃんが、意外としっかりしてなかったのが気にはなりましたね
咲‐Saki‐ 阿知賀編 episode of side‐A 4
原作 小林立 作画 五十嵐あぐり   ガンガンコミックス


アニメが、中途半端で終わってしまったような阿知賀編のその後のエピソードが書かれている最新刊を読んでみた
あの後、こうなっているのかと、ふむふむと納得した
どうなっているのかを書くのは、ネタばれになると思うので、書きずらいのですが、3年生が、下級生よりも、頑張ってしまうのが、インターハイ。そこは、説得力がありましたね
その中で、本当に怪物が、毎年出現する世界。
魑魅魍魎の世界ですね
そこの謎々感が、このマンガ世界の魅力ですね

本編の方と違い、阿知賀編は、本編で時々ある脱ぎっぷりが、ないところは、残念なのかも
個人的には、阿知賀の人たちの方が清澄高校よりも好感が持てるのは、比較的普通の女の子が揃っているのだからかも知れないのかも
ウイナーズサークルへようこそ   1
 甲斐谷忍          集英社


このマンガの作者の、「ライヤゲーム」とかは、好きになれそうでないので、敬遠していたのですが、今回は、馬券を買う話なので、もっとソフトなもののようなので手に取ってみました

びっくりしました
なんてコストパフォーマンスが高いマンガなのだと
これだけの情報量を詰め込んで、この価格はあり得ませんねえ
作者が、身を削るような努力して生み出したなのにねえ

このマンガは、馬券の買い方をどうするというのは、主人公の天才的な物を見る力、マンガ家志望者の特性を生かした異能で、的中させるというものであり、そこは誰も真似をできないものであり、本当は、そこを知ることが、一番知りたいことであり、その秘密を解明できたら、働かないで生きていけるのだけど、そこは、凡人には無理だという前提です

このマンガでは、その異能を持っていると無自覚な主人公を騙して、一攫千金を企むサークルの話なんですね
金に成る木を、もし偶々見つけてしまったら、どうするのか、そこの考察が実に役立ちますねえ
馬券凡人、馬券上手、馬券達人、馬券名人、馬券仙人、馬券神
そのカテゴリーで、行動するパターンが変わる、人間とは何かとは、そういうところに如実に出てくるのだと思ったり

人は、本当に儲かる話は、他人とは共有できるのか

主人公以外の多くは、性悪説に立って行動しているのに、主人公は、お人良しです
果たして、食われてしまうのか、危うし。
揺れ動く、思惑、きりきりと胃が痛む思いを、サークルの多くの人は経験してます
それも、人生の醍醐味なんでしょうかね
87CLOCKERS   1
  二ノ宮知子         集英社


二ノ宮先生の新作が、本屋で並べられていたのは知っていたのですが、「のだめ」の最後の方が、個人的には、余り面白く感じていなかったので、手にするのを躊躇していました

今回、手に取ってみると、良い意味でびっくり。
凄く面白い、というか、そこを掘りますかというところで勝負していますね。

オーバークロックって何なんですか
そんなものあるとは、知らなかった
熱中する人は、変な人ばかりです
そこを掘って何が見えてくるのですか
と問いたいし、それをマンガにして、面白く提示できるのも変です
ローマのお風呂事情をマンガするのよりも、変なのかも

始まりは、夢をい捨てたというか、音大生の癖に、音楽で生きていくことを諦めた、完全に趣味の人の成り下がったかのような青年が、謎の美女と出会うことにより、社会性を得る、このマンガでは、キャバクラで遊び、隣の客が、以前のオーバークロックが、エロなくては成り立たないものだと、それとなく知ったりする。
つまり、人生の無駄知識を得たりします。

君は、何故そこまで歯を食い縛り生きているのかというのは、加山雄三の歌に存在するのではなく、現代のオーバークロックに打ち込むハナさんもそうなのだ
何であんたは、そこまで尽くすのかが謎です

作中のキャットフードの、猫セレブの絵と名前が素晴らしいですね
これ、そのまま商品化できると違うのかな
猫ちゃんも、セレブに憧れちゃうの
7SEEDS 22
 田村由美        講談社


このマンガは、かなり前から始まっていると思うのですが、巻が出るのに間が空きまして、ずぼらな自分などは、いつ出ているのか分からなかったりします
今回手にとってみると、6月に出ているじゃんと思ったりしました

前巻が個人的に微妙、バクテリアで解決はあんまりだと思い、少し距離を置こうとした結果が、今回の刊行に無関心だったのかも知れませんね
長く続いているマンガとの付き合いは、てけてけ({南九州の方便)でいいのかも

今回の内容は、個人的に良かった
主人公の花が、仲間と再会を果たします、このマンガは、別離と再開が主のマンガなのだとつくづく、改めて思い、この推進力は強力だ。
自分が、7SEEDS計画に何故選ばれたのかの問いを、仲間のちさが与えてくれて、この言葉が厚みがあり、なるほど、そういうことなのかと、中年のおっさんもうなった、実に為になります

ここで引用しようと思ったのですが、どの部分するのか選択するのが難しいので、止めましたが、世の中そういうものだと割り切って生きていななくてはいけなくなる時がありますなあ、それが青春の終わりなのか、

この巻では、冬のチームの新巻さんと夏のAチームのあゆさんお旅も楽しいですね
新巻さんは、純粋な少年がそのまま年とったみたいな人で、サイボーグみたいなあゆさんとのやりとりは、楽しいし、野球したりしてます。完全にラブコメですなあ
いいものですね
弱虫ペダル 24

  渡辺航      秋田書店


このマンガは、以前にも書きまして、各巻において起こったことについて、あれこれ言っても仕方ないような気もします
熱いレースが延々と続いていますし、ゴールはまだ先。あと5キロくらいまで迫っているのですが、ここからが長そうです。

天才と思える選手が、最後に残っています。
どんどんふるいにかけられて、ついにこの5人が残ったかのような印象。
いかにして、この5人になったのか
そこを証明するかのような、それまでの数巻に戦いの詳細があったかのよう。
これは、大きな絵巻物を見ているかのようです。
残らなかった者は、どうしてなのか。
哲学的な問のようですが、自転車レースというものが、本来そういうもので、最終的なゴールがあるまで、何が足りないのかで、ふるいにかけられるものななんでしょう。

その中で、主人公の小野田くんが残ったのは、御堂筋くんにも謎だし、読んでいる者にも謎なんですね
なぜ、メガネがここにいる
いたらいけないのか、どうしているのだ。
実に哲学的な問いかけだ。

強さを実証することにおいて、、どこまで潜在力を秘めているのかが勝負なんだとも思った
目に見える力なんか、大したことはなくて、潜在的にどういう力があるのかが勝負
そういう潜在力を描くバラェティの豊富さが、このマンガの見所。
あざといのじゃないかと思う人は、24巻目もついてきてないでしょう。

5人になり、ここからが、更に面白くなってきましたが、どうなるんでしょうねえ

神のみぞ知るセカイ  18
 若木民喜       小学館


今回の刊行は2冊同時でした。
自分の近所の本屋では2冊同時のものしか売ってなかった・
始めてプレミアム版なるものを買ってしまった
画集付きにしては安かったのかも。

17、18と2冊もあったので、読むのに時間がかかったですね
話がクライマックスに向けて進んでいるのか、大きな高みに登っているようで、次巻で大きな結論が出そうな展開になりました。
感心するのは、当初からデザインされた話が、見事に収束していく感があることですね
若木先生の力量は大したものだと思います

ここまで、伏線が張られ、数多くの登場人物がそれぞれ意味がある配置に置かれ、役割が与えられているというのは、見事ですよね
主人公の桂馬の、少年マンガの主人公らしくない、頭脳にのみ特化して、完全にゲーム脳なのに。、醒めた現実への洞察が鋭くて、外れていないかのようなのは、どうしたものなんでしょう
自己撞着なんだけど、自己に自惚れない。
そこはツボなんですが、冷静な桂馬自身の内部にも微かな揺らぎが見て取れる絵があったりしているのは、物語に奥行を与えているかのようです。

ゲームをすること、解決の道筋を諦めないで考えていくこと
何やら哲学的な命題を問うているようですが、そこに突破点を置いているかのようで、このマンガは稀有なものになっているかのようです

個人的には、ギャルゲーのヒロインへの愛だと高らかに叫んでいた頃の話が好きなので、新地獄の問題が解決したら、元の話に戻って欲しいのですが、このまま終わってしまいそうな気もしますね
果たしてどうなんでしょうね
バクマン。  20
小畑健 画  大場つぐみ 原作    集英社


最終巻を読んだ
このマンガは到達点があらかじめ決まっていたので、終わり方は誰もが予想でできました。
が、その通りに終わったことで、カタルシスを味わうことはできまいしたね
幸せな結末でした。

多くの読者も、このように終わったことで満足したでしょう。
そもそも、この終わり方でなかったら、このマンガを継続して読んでいませんね

「友情、努力、勝利」
終わってみれば、そのまんまの、王道そのものでした。
少年マンガなんだから、そうあらなければならない。
そうあって欲しい。

このマンガの作中では、様々なやり方。いろんな考えを持った人たちが登場しましたが、ほぼ全員熱い心を持った人たちでした。
夢を語ることの辛さ、持ち続ける勇気。
反比例として語られているものの姿に、おじさん族の自分などは、怯んでしまうのですが、若者たちは、所与のもの、前提条件として受け入れている
そこが厳しいから、皆悩んでいるねん。
と思うのですが、そういうことを捨てることが若者の特権でもあることを雄弁に語っているようでもありました。

結末が最初から自明だったので、もっと早く終われたかも知れないし、もっと続けていけたのかも知れない。
書きたいネタが、ほぼ枯渇したと思えたから終わろうとしたのか
と勘ぐってしまうのは下衆のかんぐりなんだろうか

熱いマンガ作中のドラマと対比して、現実の少年ジャンプ。更に大きく言ってしまうとマンガ界全体が一時の全盛時を過ぎてしまった感はあります
20年くらい前は、大ヒット作。例えば「北斗の拳」とか「ドラゴンボール」とかが、終わってしまっても、次に続くマンガが現れるだろうと思えたのでしょうけど、今「ワンピース」とか「ナルト」とかが完結してしまうと、次に代わりになるものが現れるのか。
楽観的な人以外は、もうそんなマンガは出ないのじゃないのかと思っているのではなかろうか。

「バグマン」でも、こう言ってしまうと身も蓋もなくなってしまうのだけど、夢を叶ええたマンガの「リバーシ」が、もし現実に連載されたら、ジャンプ史上に残るような名作になれえたのだろうか。
それだけ多くの人、ここでは子供が争って読むようなものなのだろうか。
そもそも、そこまで良い作品なら、「バグマン」ではなく「リバーシ」を連載すればいいのだろう。

そういう矛盾を感じさせてしまうのは、ある意味、この「バグマン」というマンガが、現実を凌駕しているとも言えるのかも知れないけど。そこの点に強い作為性を感じる。
つまり、ネガヒット作品というのは、作者の思惑を超えて、天から舞い降りるようなものじゅないのだろうか。
なので、「バグマン」の完結は、描き尽きした感を作者が持ったから自ら幕を閉じたような気がするのだけど、どうなんでしょうね
咲‐Saki‐  10
小林立     スクウェア・エニックス


注文していた本が届いたので読んでみた。
読んでびっくり。
宮守女子の面々が意外と存在感を示していた
春の発売されていた、スピンオフ作品の4コママンガの「咲日和」でも、宮守の子たちが出てましたが、ここまで個性豊かな人たちだったとは、
この回では、麻雀対決というより、超能力決戦になってますね
霧島の山深くの巫女たちの集団の永水女子の子らには、親和性を感じますね
従兄の子供が霧島の麓の神社で巫女のアルバイトをしてましたからね。
ですが、霊力は全くありませんよ

ヒロインの咲、咲の僚友ののどかは、全く押されっぱなし。
のどかさんに至っては、空気を読めない奴みたいな扱いでしたね
そもそも、このマンガ主筋よりも、脇の方が魅力的なんだけど、その傾向がより顕著になってきてますね
感心するのは、伏線の張り方の見事な事。
有機的に各人物が結びついてます。