影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
サムライエイジ
サムライエイジ    みかづき紅月  徳間デュアル文庫


我が家に積んでいた本を読んでみた。

この本の作者には、美少女文庫に「サムライガール」シリーズというものがあって、自分的には地雷な作品なんです、一方「ぶよぶよカルテット」という作品は、大好きな作品だったりもするんですね。
果たしてこの作品は、どうでなるか。
という気持で読んでみると、なんとも言えないですね。

基本的には、二十一世紀にサムライ少女を主人公に据えているし、通っている学校もおかしいところなので、お馬鹿な話なんでしょうけど、そうではないようなところもあるんですね。
サムライという設定は、剣は得意なんだけど、他はダメというような約束事があるような気はするのですが、ヒロインの弥ちゃんは、しっかり家事もできるし、恋に憧れる少女なんですよね。
その落差が、面白いと言えば面白いとしか、答えることはできないけど、
ぶっちゃけ、彼女にしたいタイプに入らない子でしょう。
じゃなかったら、こんな学校にいるはずないもんね。
周りが必死にお馬鹿な設定で、しこしこしているのに、弥ちゃんは、うっとりはしているけど、うっかりものでない、けっこうしっかり少女。

語りも弥ちゃんの一人称。
変わった作風の話です。
変人が満載です。
バランスは悪いですねえ。
これぞ、ニューウェーブというものなのかしら。

内容は、学園内の武士団の抗争を描いた話なのかしら。
いやいや、そうじゃないだろう。
ルームメイトの千ちゃんと友情を深める話なんでしょうか。
とらえ所ないです。

自分の好き度は7くらいかな。