影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
シャボン玉ピストル大騒動
ポール・ギャリコ  山田蘭(訳)  創元推理文庫


ネットで、ギャリコの新しい訳が出されていると知った。
取り敢えず注文しててみた。
即、読み出すことはしなかったのですが、読み出すと即読めてしまいました
自分は、ギャリコとは相性が良いのだと改めて実感しました。
が、この本は、今の時代、世相では、どれだけ多くの読者を得られるのかは、不明ではあります

アマゾンに載っているデーターベースでは

発明家を夢見る九歳半の少年ジュリアンは、自信作のシャボン玉ピストルの特許を取るため、こっそり家を出て単身ワシントン行きの夜行バスに乗り込んだ。だがそこにはヴェトナム帰還兵から陸軍大佐、KGBのスパイに殺人犯まで乗り合わせていた!少年が旅路で出会うさまざまな人々と事件は、彼に何をもたらすのか?あたたかさと切なさが彩るロードノベルの名品、新訳決定版。

とあります。
9歳の少年が主人公なんですが、その行動力、知力は、ずば抜けてます。一方感受性の豊かなのは、同世代の少年のものであるという、実に得難く、魅力的な少年なんですが、縦糸にある少年の成長物語よりも、少年が出会ういろいろな輩に、自分は、より魅了されたと思えますね
それが、ギャリコの代表作の「さすらいのジェニー」とかと少し違った印象を受けました

少年が、成長するのは、当たり前。朝の連続ドラマ「あまちゃん」のあきちゃんじゃないのですが、放っといても、背も伸びるし、乳も大きくなる。
どのように変わるのかが、重要なんですが、ジュリアン少年は、何を持って、成長させられたのか、大きな衝撃を受け、それを乗り越えることができたのか
そこの題材の提供が、ギャリコならでは、素晴らしいのですが、そこを明かすと、ネタバレになってしまうところが、もどかしい。
そこを自由に書いてしまうと、これから読む人の楽しみを奪ってしまうし、本当に大切なことが、そこで書かれているので、そこは、真摯に味わい考えて欲しくなりますね

猫語の教科書
猫語の教科書   ポール・ギャリコ  灰島かり(訳)    ちくま文庫


この本は猫好きの作者が、猫好きの人の為に書いた、大変ピンポイントな趣向を狙って書かれたもので、書いていることが実に細かいのですが、真性猫好きの周辺の、それなりに猫好きの人に対しても、とてつもない破壊力を秘めた本ですね。

19章からなる。その章ごとの題名を書き出してみると

一章 人間の家をのっとる方法
二章 人間ってどういう生き物?
三章 猫の持ち物、猫の居場所
四章 獣医にかかるとき
五章 おいしいものを食べるには
六章 食卓でのおすそわけ
七章 魅惑の表情をつくる
八章 ドアをどうする?
九章 クリスマスのおたのしみ
十章 旅行におともするコツ
十一章 母になるということ
十二章 じょうずな話し方
十三章 猫にとっての正しいマナー
十四章 愛について
十五章 別宅を持ってしまったら
十六章 これはしちゃダメ
十七章 じゃまをする楽しみ
十八章 子猫のしつけと子猫の自立
十九章 終わりに

この題名みただけで、くらくらしそうだね。
品格のある猫に成るための、猫のエチケット本であると共に、生き方本なんだね。
人間のそれのように、下品ではありません。
その上、この本写真も付いています。
白黒で、これみよがしなかわいい表情をする、巷の猫の写真集のようなものではなく、この章ごとの、ケースの為の実際的なものです。
そのさりげない写真も秀逸。
猫の人生というものを読み取れます。

この本の中身を語り出したら、エンドレスになっちゃうんじゃないかな。
自分は、真性猫好き族ではないのですが、いくらでも語れそうです。

猫にとって大切なのは、観察力なんですね。
人間は、それに比べて頭でっかちですね。なので猫ちゃんに取り入られる、そこに猫と人間が共存できる余地も生まれるのでしょうね。

この本は、実に素晴らしいものなんですが、それほど話題にならないのは、不思議ですよね。
これ見よがしの猫の写真とかをありがたがる人は多いのにね。
厳しい本でもありますね。
生きるのっては大変だニァー。
と思ってしまうんだもんニャー
ハリスおばさんモスクワへ行く
ハリスおばさんモスクワへ行く ポール・ギャリコ  亀山龍樹 遠藤みえ子(訳)   講談社文庫


「ハリスおばさん」シリーズの4冊目で、最終巻。
この巻は、得意先のロックウッド氏の昔別れた恋人を捜しにモスクワへ。
モスクワへは籤で当たってと、かなりご都合主義的展開なんだけど、ここはごり押しでそういう話にしちゃったみたい。
今度は恋人探した。今回もバターフィールドおばさんも一緒、バターフィールドおばさんは、モスクワに行くのを渋り、うじうじ、
モスクワに着くと、ハリスおばさんたちは、スパイの嫌疑をかけられてマークされる身分に。
名士とかの付き合いとかがあったし、国会議員にもなった。冷戦時のソ連側からすると、限りなく怪しい人物ではありますね。

この巻は、パワーダウンしてしまった気がするね。
わざわざモスクワに行く動機が、孤児の為にニューヨークに行ったときほど、切実には思えなかったしね。
でも、ハリスおばさんとバターフィールドおばさんの掛け合いも読めたので、満足ではあります。
ハリスおばさん国会へ行く
ハリスおばさん国会へ行く   ポール・ギャリコ  亀山龍樹(訳)  講談社文庫

「ハリスおばさん」シリーズの3冊目。
国会に行く、つまりですね、国会議員になってしまうんですよ。ハリスおばさんがね。
今話題のキムタクが国会議員になり総理大臣になるというドラマに似ているような気がしますね。悪い奴に利用されてしまうところなんか似ていますね。

個人的には、話を広げ過ぎだとも思えるのですが、ハリスおばさんが知らないうちに気づいた人脈、そしてハリスおばさんのわき上がる正義感とかからして、この流れは十分ありとも言えますわね。

・ 分割払い! わたしなら、あんなものは禁止する法律をつくりますね。どうせ、金をはらわなけゃ品物は自分のものにはならないのです。

ハリスおばさんは、現金決済オンリーを主張。カードなんてもってのほか。
ハリスおばさんの政策は、真面目に働くものの為のものであり、かなりアナーキーです。
担ぎ出せれ利用されているのには、気づかない。
そういう状況を見て、ハリスおばさんを愛する人ったいが影でやきもきし、動く。
みんないい人たちばかり。

「あんたもわたしも楽しく生きなくちゃ」と、心ときめくような演説は、いつしか人々の心を捉える。
なんか、モーニング娘にそんな歌があったような演説ですね。
ハリスおばさんを捉えたカメラは、

・ 苦労してきた、勤勉で、ましょうじきなこの婦人は、人間のよいところをくもらせる生活のあかを、これぽっちも身につけていなかった。欠点や弱点はあっても、レンズがするどいさぐりを入れても、うしろめたさとか、とりつくろったずるさはなく、画面からつたわってくるのは、損も得もない、ひたすらなまごころだけだった。

カメラ恐るべし
選挙の結果は、大勝利。
でも、実際の政治というのは、ハリスおばさんの理想を実現化することのできるようなところではなかった。
そして辞めてしまったんですね。
イギリスの国会議員は、王室百領地執事職という仕事を申請すると辞められるらしい。
これって、まめ知識ですね。
ハリスおばさんは、最後に演説を行う
実に寂しい演説ですね。
ハリスおばさんの「あんたもわたしも楽しく生きなくちゃ」というスローガンは、実現できなかったんですね。去りゆくハリスおばさんを見て議員たちは、

・ かっての自分と同じように誠実な心で理想をかかげて国会入りをした人間が、いさぎよく自分の負けをみとめて去ろうとしているのを見ると、心なく、ひにくっぽい気持ちで、見ないふりしないでいられなかったのだ。

・ ハリスおばさんは、自分がここにいるのは「まちがい」だと声明した。そのまま、いすわっているような、ひきょうなまねはがまんがならなかった。そんなおばさんのことなんか、早く忘れてしまいたいと議員たちは思った。


ギャリコさんは、ここで熱く語ります。
現実の政治家に、ハリスおばさんみたいに、もっと誠実であって欲しいからでしょうね。
ハリスおばさんニューヨークへ行く
ハリスおばさんニューヨークへ行く   ポール・ギャリコ  亀山龍樹(訳)  講談社文庫


「ハリスおばさん」シリーズの二冊目。
今度は題名通り、ニューヨーク。
内容は、アメリカに去ったお父さんを捜してあげる為に、親友のバターフィールドおばさんとアメリカにやって来たハリスおばさん。
ヘンリーはろくでないの母親に里子に出され、酷い目にあっていた。
隣人のハリスおばさんは、バターフィールドおばさんと、いつも心傷めていた。
あるときロンドンからニューヨークへ栄転する名士の家の引越と新しい生活への準備を手伝うということで、バターフィールドおばさん共々ニューヨークに旅立つ。
ちゃっかりヘンリーを密入国させ、パリのときの知り合いの侯爵に預け、勇躍ニューヨークに着き、ヘンリーのお父さんを捜すのだった。が、アメリカは広くなかなか見つからない………

ご都合主義的展開もあるけど、やっぱりペーソスに溢れた良い作品ですね。
ハリスおばさんって、探偵としても有能だったりして。
バターフィールドおばさんは、気弱なところもあっって、二人の対比も面白いですね
ニューヨークに連れて行ってくれたの雇い主のシュライバー夫人って、抜けているけどいい人ですね。
いい人が、困っているときに助けてくれるのは、ハリスおばさんの人徳なんでしょうね。

この本は、細かいところが実に深い意味をもっていて、いろいろ考えさせてくれる本ですね。
善人が悪人より、ちょっと多いみたいなのは、ギャリコがこの世界がそうあって欲しいと願っているからでしょうか、


ハリスおばさんパリへ行く
ハリスおばさんパリへ行く   ポール・ギャリコ 亀山龍樹(訳)  講談社文庫


ネット時代っていいもんだねえ。
探していた「ハリスおばさんシリーズ」全4冊揃えることができた。
というより、これほどの名作を気楽に文庫で買えない状況はどうにかせんといかんとも言えますね。
毎年夏の恒例のxx文庫の100冊とかに、必ず入れないといけないような本だと自分は思います。

色恋沙汰とかボーイミーツガールなんて、好きな奴はいつでも読むだろ。
人として生きていく勇気と矜持を教えてくれるものを、若者は読んだ方がいいのではないかね。

まあ、流行り廃りはいつの時代でもあるのだけど、「ハリスおばさん」シリーズには普遍的な価値があるような気はしますね。
何しろ、主人公は高齢のおばちゃん。
金持ちでもなく、働きものであるろいうこと、気のいい仲間がいるだけの、ど庶民だ。
でも、品があるんだね、それは日本が誇る大ヒットドラマシリーズ「家政婦が見た」シリーズとは違っているところだね。

この第一冊目の「ハリスおばさんパリへ行く」は、ディオールの服を着たいという一心から、なけなしのお金を持ってパリに行くという話だわね。
あくまでハリスおばさんが主人公で、自分がしがない家政婦でしかないということに卑下することなく、労働者の誇りを持って、パリの一流人とたちと渡り合っていく。その心意気に粋を感じ、ハリスおばさんのパリ滞在をエスコートしてあげる。
ディオールの宣伝小説か、これはと思ってしまうところもありますが、
現代の素敵なシンデレラの物語です。
素敵なドレスをロンドンの自分の家に持ち帰るところで、魔法が解けてしまうようなところになるのが、切ないところだね
ハリスおばさんは、売れない女優にドレスを貸してやり、その女優の売り出し協力をして上げようとしてやる。
その女優は、不細工なハリスおばさんが着るより、自分みたいな美しい女が着るほうが、ディオールの衣装には合っている、そしてその衣装がとんでもない値段であるとも知らずに、台無しにしてしまう。
ハリスおばさんは身の程を知っているので、その現実をさりげなく受け止めるが、その女優の家の家政婦は止めてしまうことで、少しの抵抗を示す。
でも、けっしてその阿呆んだら女優を責めない。自分が人を見る目がなかったのだ。
また、お金を貯めればいいじゃないか。
あくまで前向き。友人のバターフィールドおばさんと、今日も仕事につく。

世の中で一番偉い人は、日々懸命に働き、自分の仕事に誇りを持ち前向きに生きていくことができ、余力があれば、他人をも助けることのできる人だ。
と、この物語は教えてくれるわね。


さすらいのジェニー
さすらいのジェニー  ポール・ギャリコ 矢川澄子訳 大和書房


あの「文学少女と死にたがりやの道化」の、遠子先輩に導かれて、自分の中では、ポール・ギャリコがマイブームになっています。その中でも、この「さすらいのジェニー」は最高です。これは、マインと呼べる物語だと思います。

粗筋は、ピーターという8才になる少年は、猫に気を取られた隙に車に轢かれてしまった。目覚めると猫になってしまっていた。猫になったピーターは危うい体験をした後、ジェニーという虎猫と出会った。ジェニーとピーターの二匹は、いろいろな体験をし、旅もした。ピーターにとってジェニーはかけがえない存在になり、そのジェニーを守るためデンプシーという大きな猫との決闘の後、相手も仕留めたが、ピーターも瀕死の重傷を負い倒れた。目覚めると、病院で人間に戻っており、ジェニーの記憶もなくしてしまっていた。

というような童話。

このお話は、面白いのは、もちろん。

少年が成長していくビルディングストーリーとしても秀逸。

しかし、人間の記憶も猫の記憶もどちらも持つことは叶えられないし、どちらの存在でもありえない。どちらにしかなれないけれど、その猫の経験は、このピーターという少年に良き影響をのこしているのは明かだよね。

このお話の面白いところは、猫にとって一番重要なことと、二番目に重要なことが述べられているところかな

それは、「困ったら舐めろ」「飛び出す前に止まれ」
これ、交通標語じゃんなんて、言わないでね
猫にとって、重要な世間知なんだよ。
この言葉が、何故猫にとって、重要なのかを考えることは、猫というあり方も考えることになるのだよ。

なあーんてね。難しいことにも考えが及んでしまうような、この物語りは、想像の世界へと誘ってくれる

まあ。猫っていうのは、忘れっぽいので、相手が怒っていても、身じろいをすると、取り敢えず休戦となる。そして、猫にとって、一番重要なのは、身綺麗にすることなんだ

また、猫の日常は危険が一杯、用心して飛び出すのは、戒めなければいけないということ。

この猫の属性をよく分かり、人間だったピーターを優しく労り、猫のことを教えてくれるジェニーは、良き教師であり、友であり、恋人なんだね。

でも、二匹は、この現世では結ばれない。

別れが訪れる。せつないけど、それが生きることということもこのお話は教えてくれる。

なんて上質なお話なんだろうね。

この物語りは、新潮社でも「ジェリイ」というお話で出ている。これは、簡単に古本屋でも100円で買える。しかし、この矢川澄子さんの柔らかい訳文は、かゆいところに手がとどくようで、ジェニーの心地よい鳴き声が聞こえるようで、素晴らしい