影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
とある飛空士への恋歌2.
 とある飛空士への恋歌 2    犬村小六
     ガガガ文庫

自分の住んでいる町の隣町に、ライトノベルが一応置いている本屋があるのですが、品数は貧弱なものなのですが、この本は新刊平積みで置かれていた。
そんなに人気があるのか、中高生のハートを鷲掴みしているのかな。

女の子受けもしそうだし、男の子にも十分対応しています。ラブコメ派もファンタジー派も取り込んでいます。
せつない話でもあるけど、根暗な話ではない。美少年も美少女も出てきます。
描写力が入念ですし、話の展開もワクワクさせますし、うるさい外野の生徒も楽しいです。

一巻の運命の発端を受け、ここで語られている話は、脳天気過ぎであるとは言えますね。
ある面バランスは崩しているとも言えそうです。
そこが、この物語の良いところで、これじゃなくては始まらない
広沢虎造の浪曲のような魅力と癖になる味わいがありますね。

自分的には、オーケーです。強く強く支持したいです。
こういう地平でどんどん進んでいって欲しいです。

なんでラーメンなんや、カリエルはどうしてそんなに朴念仁で天然
なんや
つっこみたいところが満載なのもグッドですね。
恋愛パラメータが上空を行き交っているのも、嬉しいです。
教官も何やら曰わくありげだし、おもしろ展開がどんどん期待できそうです。
その中でもクレアとカリエルの関係は強烈です。
美しい言葉、背景と溶け合いもし、運命の二人の展開は息苦しくなります。名シーンが延々続きます。
ここは読んでおいた方がいいよと薦めたいです。
石を投げつけて邪魔したい衝動にもなりますけど。


・ ご、ごめん、変な意味じゃなくて! そんなほっぺ染めないでいいから!

ほっぺを染めるというのはだな。それはそういう意味なんじゃないのか。
そして

・ 真っ青な月明かりのおかげで空と海の境界が判別できた。月光だけで、ふたりはお互いのすがたを闇のなかに見て取れた。それほど明るい夜だった。

こういう会話とこういう描写。近景、遠景共々素晴らしいですね。


自分の好き度は9くらいでしょうか。
何処かむかつきますね。
レヴィアタンの恋人 4
レヴィアタンの恋人 4    犬村小六    ガガガ文庫


「とある飛空士の恋歌」の犬村先生の「レヴィアタン」シリーズの4巻目を読んでみた。

本当は、完結してから纏めて読もうと思っていたのですが、待ちきれなくなってしまいましたね。
実にレベルの高い物語です。

タマさんのいる調布新町の方での話もありましたが、メインは姫路コロニーと日向コロニーの激突をでしょうね。

集団戦を描き、更に個人の活躍も描き、大将の思惑も描くという。それでいて簡潔。
見事ですねえ。
その描写に酔いしれるだけで満足です。
タケルくんも活躍しました。
日向コロニーの岩切市長は、強いのですが、悪人そのものみたいな奴ですね。
勝敗を喫する要因はやはり個人の力なんでしょうか。

他、タマさんの生い立ちと、ヨーキをはじめとする仲間との語りあいの中でも、いろいろなことがあった模様です。
こちらの方もしっかり話は進んでいます。

自分の好き度は8くらいです。
とある飛空士への恋歌
とある飛空士への恋歌      犬村小六   ガガガ文庫


「とある飛空士への追憶」が、去年大きな話題にもなりましたが、その続編らしきものが、本屋で平積みされていたので、購入し読んでみました。
これは、その世界だけは同じなんだけど、前作とは違う話ですね。
題名に恋の字があるので、これから恋愛を大きく扱っていくのかしら。

でもですね。
この巻では、主人公のカルエルには、苛酷な運命が課されます。
王であった父と母が、革命によって殺されてしまいます。
その後落ち着いた先に、三姉妹がいます。
そこのところの落差は、がくっとしました。
予定調和な世界で、甘甘な香りがするんです。
そういうところをを受け付けない人も多いかもね。

カルエルくんは、落ち着いた家庭で大切にされて、それで一件落着。
とはならず、母上さまと見た、牢獄からでたときの空の美しさからか、飛空士を目指すのです。どこぞやロマンテックな感じがします。
大空って、大きな魅力があるのでしょうね。
で、空飛ぶ島イスラに乗って、世界の果てを探る旅へ。
(そこで海のトリトンなんかいとか心の声)

それと蛇足したいのは、雲の中での自転車の二人乗り。
読んでいて、ワハハハハッ。と笑いながら転げ回ってしまった。


・ 「そうです、ははうえぼくはそらを飛ぶひとになります。あんなふうに、かっこよく飛びます。」
「良い夢ね。そうよカール、あなた、飛空士になりなさい。ずっと自由に、誰にも縛られずに空を飛ぶの」


自分の好き度は9くらいです。
 
学園カゲキ! 4
学園カゲキ! 4        山川進       ガガガ文庫


ここでの話は、今までの主人公の拓海くんと九月ちゃんを離れて、5人の男女生徒、先生の恋のほつれを描いていたね。
視点が変われば、同じ事象もいろいろ変わってしまう面白さがありましたね。
お互いが、苦しい片思いをしていると思っている最中、実は、もててもいる。
そこに気が付かないので、お互い同士が気の毒なんでしょうね。
魔性の女でもあり、慈愛にみちた生徒会長の玉緒さんの意外な一面が面白かったですね。

自分の好き度は6くらいです。
学園カゲキ! 3
学園カゲキ! 3       山川進        ガガガ文庫


「学園カゲキ!」シリーズの3冊目を読んでみた。
ここでは、「BSカゲキリベンジ」という企画で、学園の3人の拓海くんのゆかりの人にドッキリをしかける話と、副会長の加賀雅也くんの初恋の彼女を捜す話が語られていたね。

正直なところ、自分としては微妙だったですね。
拓海くんと九月ちゃんの周りをちまちま語ってばかりいて、この物語の背景にあるい歌劇学園という祝祭空間のある高校というものを十分活用していないように思った。
もっと、もっとこの面白い設定を利用して、話を展開していった方が良いと個人的には思った。
と思いつつ読む進めると、後半になるにつれ、伏線が効いてきたし、どんでん返しとかもあった。
なかなかやりますなあ

ということで自分の好き度は7くらいです。

AURA 魔竜院光牙最後の闘い
AURA 魔竜院光牙最後の闘い    田中ロミオ       ガガガ文庫


この話は、どう語ったらいいのか難しいですね。
仕掛けは単純のようでいて、そうではなく実にアイロニカルなものですね。
高校デビューをなんとか軟着陸させようと小心翼々する主人公が、ある美少女と出会ったことから、その現実がもろくも崩れ去るという話ですね。
本来自分が守ろうとする世界が崩れていくのであるから、主人公にとって絶望的な状況なのですが、ここでの世界に暗いイメージはなく、主人公もある程度その現実を受け止めようとする姿が、実に楽しいかも。
淡々としていますね
自覚はないのだろうけど、包容力が高い人なんでしょうね。理想が崩れていっても、これ以上おかしくなるはずはないという発想になるのが面白いところかも。
二度あることは三度あるし、その後も際限なく変な現実が降ってくる。
こういうように話を進め、面白おかしく展開できるのは、作者の筆力が高いという証拠かも。

しかし、こういうような展開に、どれだけの人が付いてきてくれるのか不明かも。
主人公が、ある程度冷めた人なので、どこまで主人公にのめり込めるかというと、
自分はちょっと引いたかも。

貴族グループとか、クラスを階層化し、自分のポジションを探りながら、快適な学生生活を送ろうと主人公が、クラスメートを観察するところは、実に面白かった。
今の学生ってそうなんでしょうかね。
天然の人とかの比率が少ないような気もしましたね。
今の学生にとっては、高校生活というのが、人生で一番楽しい時代だという自覚がそうさせているのかしら。

自分はこの物語を十分その世界を堪能できたと言えないのですが、
この物語は、新しい地平を開いていますね。メタな現実というか、本当にこの世界はそうなのかという、疑義が各所にあるように思います。
なので、非日常な言葉を発されても、本当はそうなのかなと思わせてしまうのは、実に不思議。

・ およそオーラ量は人間力に比例する。
人間力とは、人間の人間たる人間らしさを示す言葉である。


なる言葉などは、昨今のベストセラーとか、昨今の風潮の茶化したものなのではないでしょうかね。
自分の好き度は7くらいかな
分からないところや楽しめないところが、けっこうあったのでね
でも、この話を傑作だという人が多そうなのは予想できますね。
レヴィアタンの恋人 3
レヴィアタンの恋人 3     犬村小六     ガガガ文庫

続いて3巻も読んだ。
ここでは、凄絶な白河コロニーとの戦いを描いていたわね。
白河側も生き残る為の戦いであるので、実に厳しい戦いに。
相手戦術の罠に嵌り、各個撃破されてしまっているところ、そこに奥の手として調布新町の市長の深淵な策謀が

ここで負けてしまったら、物語りは終わりなので結果は、どうなったかは推して知るべきなのですが、
延々と続く戦闘場面を、これだけ迫真に描けるのは、作者の力量は大したもの。
エクセレント!!!
お互い、秘策を次々に投入、それをヨーキ、タマさんが凌いでいくところは、見所があったわね。

カレーカレーと宣うタマさん、日給アップを主張する静さんの、ちょっと気持ちも分かるかも。
八王子の御姫さまや、その執事の雨宮という面白人物も登場し、これからの展開も楽しみですね。

・  頼むよタマくーん。あっちのみんながかわいそうだよー。孤立しているうえに、敵の本隊と戦わなきゃいけないんだから。きっと心細くて泣いているよー?

自分のこの巻の好き度は9くらいです。
レヴィアタンの恋人 2
レヴィアタンの恋人 2       犬村小六      ガガガ文庫

2巻目を読んでみた。
来るべき白河コロニーとの戦いの前の日々と、ヨーキの過去、調布新町に来るまでの経緯が語られていたね。
タマちゃんは、ちょっと影薄かったかも。

その束の間の平和の一時に、肝試しをするというのは、
荒廃した近未来の日本と、情緒的な肝試し、
絶対合いそうにない題材なんですか、いい感じを醸しだしています。
この辺に、作者の力量が高いことが見て取れますわね。

最後に決戦に向けて、兵が集まってくるのですが、その先行きに不安なものを醸しだして、この巻は終わりましたね。
早速、続きを読まなくちゃという終わり方ですね。

脱線しますけど、
タマちゃん、奴隷から食客になったんだ。
そこに中国の春秋戦国の孟嘗君などの、食客を想起したりして、
これから誰か鶏の鳴き声のまねとかするのかな。


 細かいことは気になさらない方が男前です。

静さんの言葉。納得できるような、できないような


・タマがタマであるために必要ななにかー 魂からの命令じみたものが、その行為を厳に戒めていた。


自分の好き度は、やっぱり8くらいです。
レヴィアタンの恋人
レヴィアタンの恋人     犬村小六      ガガガ文庫


「とある飛空士の追憶」が良かったので、この作者の作品を遡って読んでみた。

これは、おっさん世代の自分などからすると、楳図かずおの先生の名作マンガ「漂流教室」を想起した。
自分は怖いの嫌なのよ。
とかとか思っていたけど、そんなに怖くなかった。
やっぱり中高生向けなので、残酷シーンは、自己規制していたのかな。

近未来もので、ウィルスによって大多数の人類が死滅してしまった後の話で、調布新町を守る特進種の久坂ヨーキは、謎の少年と遭遇し、その少年の得意な能力に目をつけ飼い慣らそうととする。
そこに、密かに関東を狙う姫路コロニーの魔の手が迫ってくた。

というような内容なのかな。
ウィルスが拡散する以前の因果も語られているし、この世界になった初期の簒奪王のことも語られる。
そういうものが絡んで昇華するのは、上手いですね。

でも、主人公の名前がタマというのは、哀れさを感じるかも。本人が気に入っているみたいなのだからいいのだけどね。

読み終えると、北斗の拳の方に近い話だったかも。


・ タマさんがいてくれれば町のためになるから、人権を侵害してでも繋ぎ止めておくとと思いますよ。

タマさんの扱いは、奴隷みたいで可哀想。涙がそそられるかも。


・ きみのように私欲を優先にして動く人間は信用出来る。

こういう言葉言ってみたいし、言われたい。
作者は、何か知らないけど、物事をよく分かっていらしゃるみたいだ。


自分のこの本の好き度は8くらい。
とある飛空士への追憶
とある飛空士への追憶      犬村小六      ガガガ文庫


評判の良いこの本を読んでみた。

空を飛んだりする人は、普通の人間と違ったものを持っているのかも知れないわね。
本当に綺麗な空を見ていると、心まで綺麗になっていくのかしら。
この小説は、ボーイミーツガールであると同時に、少女の再生の物語でもあるわね。
その再生のきっかけは、少年の純真さ。

激甘ですね。周りは危険一杯ですが雰囲気いいです。危険がより二人を近づけるというのは、昔からよくあることですね。

内容は、
敵対する二つの国の、押され気味の国の、飛び地にいる世にも可憐な時期皇妃を本国に移送するために、その職務を命じられた少年が、皇妃である少女と旅をする話。
的中突破であり、絶体絶命のピンチになりながら、助け合い機知により乗り越えて、それからどうなる。

なんていう要約だ。(詳しくは信頼できるサイトを覗いてください。)

ベタベタな展開ですので、自分がすれっからしと思う人は、なんやねん。ストーリーバレバレやん。とかとか言いたくなるでしょうね。
でもそういう異論を封じさせながら、読ませるのは作者の筆力でしょうね。
釣りしたり、星を見上げたり、
そういう単純な描写が堪らないうきうき感を感じさせるのですからね。

可憐なファナさんに

・ 「飛・空・士、さん」

と呼ばれちゃったら、普通はくらくらしちゃうわね。シャルルの自制心は大したものだね


・ 「ファナもいるから」

ここでもくらくら。ここは危ないところだ、それどころではないわね


・ 「わたし役立たずだね。ごめんね。どうしようもないお荷物だね。」

そんなことないよ。と作中失神寸前のシャルルに変わって答えてしまったりして。

・「僕に話かけてほしい」

危険の中、濃密な時間が流れている。
なんなんだ。この甘さは。
この後続いていく会話は、………
そうなっていきますか

ちょっとこの小説に不満のあるところを書いてみると、
自分的には、いろいろ苦難があっても、例えば敵機に撃ち落とされることはないとかが実感できたりしたので、安心感はあったけど、意外性がなかったのはマイナスかも。

それにファナのことを

・ 清潔で健康的な牛乳色の肌、薔薇色の薄い唇。湯浴みの祭には非の打ち所のない魅惑的な曲線を描き出すその身体は、いまは葡萄色のドレスに包まれて、こぢんまりと、謙虚に、ゆうたりとした布地のうちに収まっている。だが衣服がどんなに肉体的な魅力を押し隠そうとしていても、その輪郭からは赤い光輝じみたものがたちのぼり、触れてみたいような、触れがたいような、どこかこの世のものではない。彼岸から来たもののごとき妖しい魅力を醸しだしている。

というような敵対する両国が奪い合うような美少女だと入念に描写する。
一方、シャルルとの飛行において、途中待機した島で、あどけない表情をみせたりする。
その落差に、自分はたまらないエロいものを感じてしまったわね。
その手法は、エロ小説の常套手段やんけとね。
この辺は上手すぎて、自分的には引いた。(自分はエロいおっさんなので、普通の人はそんなこと考えないでしょう。)

とかとか、けちも言いましたが、自分の好き度は9です。
良い話ですね。