影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
銃姫 11
銃姫 11    高殿円    MF文庫 


久しぶりに記事を書きます。
この物語は昨年末完結。それからずっと積んでいたんですね。
読み始めては止めるとということを繰り返していたのですが、興に乗ってしまうと2巻をさくっと読めてしまいました。

表紙の絵の通りにハッピーエンドなんですが、エルウィング姉さんとアンブロージアさんのセドリックを巡る取り合いはどうなったのでしょうか。
個人的には、エル姉さんの完勝ですね。
もうやりたい放題ですもんね。10巻11巻は、個人的妄執と言っても良い爆発をしまくりです。
心地良いのですが、セドリックに対しては優しいお姉さんのポジションを最後までキープ。不死身ですし、やりたい放題です

まとめに入ったこの2巻では、かなりご都合的な展開だとは感じましたが、拡げた話を畳んでいくのには、これくらいの力技が必要だったのでしょう

もういちどじっくり読んでみようと思ってます。
再読した感想を将来書けたら良いですね(その時はこのブログは無くなったいるだろうと心の声)
鳳凰堂みりあは働かない!
鳳凰堂みりあは働かない!   石川ユウヤ   MF文庫 


名前が題名の一部になっているこの話は、やっぱり涼宮ハルヒとよく似た話なんだろうと予想しましたが、当たらずといえど遠からずでしたね。
 
極端な少女に振り回される少年の話です。
あらかじめ、ヒロインのみりあさんに振り回されるだろうという予想がどれだけなのか。読者の予想を超えることができたかが、この話の勝負所なんでしょうか。

個人的には微妙なんですが、現代の若者世代は、奴隷世代と言えるので、この物語のシュールさを素直に笑えないかも知れないですし、大受けするかも知れない。
昔と違い、働くことの意味が変容しているのが今の時代において、職に就くこと即終身などというのはあり得ないのが、若者層です。
受け手の職業意識によって、大きく評価が変わる話なのかも知れないです。

主人公のヒイロくんは硬骨漢です。
金の為に働くが、

・ おれが売るのは労働力だ。ー魂じゃない

心意気はいいのですが、金に屈してしまうんですね。(仕方ないことです。)
一方、みりあさんは、金だけじゃない大切なものに気づいていくんですね。
両者の関係はクロスしてます。
どちらかが上に、どちらかが下に
そのどちらが、誰かは分かりませんけどね。
いい話だ。(本当か)
かぐや魔王式(まおしき)! 第5式
 かぐや魔王式(まおしき)! 第5式   月見草平   MF文庫


今度6巻目が出るらしいのですが、自分は今5巻目を読んだところです。
ついて行けてませんね。

この5巻は、4つの短編が収められている訳ですけど、繋がっているところもありました。

「おっぱい保存の法則」「おっぱいの格差社会」について語られている「六道の牛宣言!」が個人的には、お気に入りでした。
自分は、もしかしたらこの世界では、六道ファンなのかも知れないですね
縄跳びをして、胸が揺れない子なんて普通にけっこういるような気がするんだけど、どうなんだろう。

「米倉の家出」は、タイトルそのままの話なんですけど、一つ屋根の下で、男女が共にする。という際どい話なんです。そのままの展開ですね。やはり錦織くんの本命は、そうなんだとも思った。

「梢、大事件!」で漸く、魔央さまがちらっと登場。これから展開される話の端緒が語られたみたい。妹、梢さんが存在感のあるキャラクターでありますね。危ない世界への誘いの風が吹いていたのかも知れないです。

「かぐやの夏空」ここで魔央さんが活躍。見方によれば悪を退治したことになるのか。いやいや違うだろう。

総じて短編を集めた方が、この物語では、自分には面白く感じました。
オウガにズームUP! 4
 オウガにズームUP! 4    穂史賀雅也  
MF文庫


ここで打ち切りになって纏めたのが分かるような描かれ方でしたね。
残念でしたね。一巻で紹介されていたキャラで生かせないものがほとんどでしたね。
グループ分けもしてあったのにね。そういう行為は無駄になってしまいましたね。

穂史賀先生の前作の「暗闇にヤギを探して」も好きな作品だったし、この作品も気に入っていたのにねえ
でも、どこか支持されないのか分かるような気もします

ここでユージくんはククルさんと一緒になる決意みたいなものを表明したことで、物語は決着したのですが、そこへいく階梯を描くところで、終わっちゃったので、最後の告白はやっぱり感を払拭できないですわね。一度宮内さんサイドへ大きく振って、それでもやっぱりというようになっていたのなら、もっと高揚した読後感になったかも知れないですね。

かぐや魔王式(まおしき)! 第4式
 かぐや魔王式(まおしき)! 第4式
  月見草平    MF文庫

久しぶりに更新します。
再開後始めて読んだのが、この本。
読みやすかったから、良かったのかしら。

ここでの内容は、いつも元気な六道さんが、実家の都合で、無理矢理結婚させられようとするのを、阻止する為に、世界征服を企む輝夜はじめ、腹黒高校生であるところの、主人公の錦織くんらが、いろいろと動く話でしたね。
メインは、六道さんと錦織くんの恋人偽装。
そういう展開は、ありふれ過ぎているので、展開の予想も容易だし、反応する登場人物の動きも分かり安すぎであると言えます。
しかし、予想通り動いてくれるのが心地良いとも言えますから、これでいいのだとも思いましたけどね。

この巻では、六道さんが、見え見えの錦織くんへのアプローチで錦織くんへ接近。錦織くんが、それに対して不感症。輝夜さんが、それに生徒会長であるところの美紀さんまで反応。
錦織くんが、もてもてである状況が現出していましたね。

錦織くんが、現世利益の享受者ではなく、自分の理想へ邁進する一種の苦行者であるとも言えますので、自分のもてもて状況を潔くはしない。
そういう男子高校生は貴重ですけど、いたらもてるんでしょうね。

輝夜さんは、この本の題名にもなっているのに、この巻では背景に埋没。あいふぉんこと米倉さんの方が、しっかりものとして、違う側面を見せてくれていました。


自分の好き度は7くらいかな。
面白かったのですけどね。分かり易過ぎる話ではありましたね
かぐや魔王式(まおしき)! 第3式
 かぐや魔王式(まおしき)! 第3式     月見草平   MF文庫


3巻目を読んでみた。
この話を読んでいると、輝夜さんが、本当に偉い人なんじゃないかと思うようになりましたね。
いつでも堂々としておられますね。

この巻では、テレビ局ジャックをするという話になり、米倉さんと六道さんが漫才をすることになるんですね。
そこに、輝夜さんと過去に因縁がある現生徒会長さまが出てくる。
その方の参謀役の女の子も曲者で、これからの波乱の展開を予想されますね。
ハラグロこと錦織くんの手帳が、ここでは大きな鍵を握っていたのですが、最後にはどうでもいいようなものへとなりました。
 輝夜さん、米倉さん、六道さんと錦織くんとの関係も定着したとみていいのでしょうね。
安定した話とは言えるので、個人的には、そんなに書くことはないかも

自分の好き度は8くらいです。
もふもふっ珠枝さま! 3
 もふもふっ珠枝さま! 3    内山靖二郎   MF文庫


久しぶりに更新します。

珠枝さまのもふもふ感が招いた災厄がテーマなんでしょうか。物語途中までのコメディ展開から、悲しい話へ、そして思わぬ決着。
いろいろと振り幅が大きい話ですが、見事ですね。
あの人は、やっぱりそういう過去があったのか。

ケウケゲン対町内妖怪会長の石の怪とのもふもふ頂上決戦。
素晴らしい展開です。

・ いや、このもふもふがいかんのだ。このもふもふが!

・ ひどい、ひどすぎます。いままでのもふもふは遊びだったのですか!?

・ 貴様らが思っているほど、もふもふは甘くないのだ。そのとき、その気持ち、その空気によって、もふもふを求める心は変化する。

素敵なもふもふ言葉が溢れています。


智宏くんは、ジゴロ真っ青のモテモテぶりですね。人間からも妖怪からも、羨ましいですね。
真希さん、遼子さん、瑞穂さん、、好香さん、コヒロさん、オオヒロさん、そして珠枝さま。
どうなっちゃてんでしょうね。

ストーリーは、良くできているので少しでも明かすとフェアーじゃないような気がするので、ほとんど何も書けないですね。

自分の好き度は9くらいです。
やってきたよ、ドルイドさん!
やってきたよ、ドルイドさん!  志瑞祐   MF文庫 


どういう話が気にしないで、表紙の女の子の可愛さで購入してみました。

実にシュールな話でしたね。
ドルイドさんとは、一種の呪術師のことだったんですね。 いやいやドリトル先生みたいなものなんでしょう。
わっさわっさ動物を引きつれて学園にやって来る美少女であるシャレイリアさん。
委員長である夏穂さんは、さあ大変ということなんでしょうけど、そんなに苦労している感じはしないですね。
前向きな性格なんですね。
パオー。パオ、パオという鳴き声が、聞こえてきそうな話ではあります。

それで、パオーとかでだけいいのかと思ったりもするのですか、それなりの平和と秩序が守られているようなので、いいのでしょうね。

正当な評価は、自分には分かりませんわね。
好き度は7くらいです。

緋弾のアリア 3

緋弾のアリア 3    赤松中学    MF文庫


この巻の副題は、「蜂蜜色の罠 」
いわゆるハニートラップですね。
前巻の終わりは、そういう展開になっていたからそうなんでしょうけど、それほど本文では重要でないかも。
暑苦しいハニートラップらしきものは、この物語の最初から頻発していましたので、今更という気はします。
データーベースでは、リュパン家の秘宝と書いているから、主人公たちの先祖にも触れていいのかしら。
遺伝子が重要になる物語なんですよね。
血統が重要、競走馬みたいですね。

敵の敵は味方というような感じで、理子さんが、キンジくんアリアちゃんとタッグを組む話になっていますね。
敵は、鬼ですね。一種の鬼で、高名なあの方ですね。
かなりな法螺話になっていますね。
戦いも、超人めいたものになっています。もうついていけないという人が出てきそうな感じもします。

自分は、まだまだ大丈夫。もっとやってやって。
キンジくんのヒステリックモードも、どんどんやって頂戴。


・ あぁ……今夜はいい夜。オトコもいて、硝煙のニオイもする。理子、どっちも大好き

理子さんの違う側面が見れました。
これからキンジくんに接近していくのかしら。


・ そんなの、ヒステリックモードでなくてもできねえよ。

さすがキンジくん。


・ 女の子は、好きな男には、付き合ってもいない段階ではベタベタできないらしいな。

そうなんですか。


この巻も面白かったですね。
自分の好き度は9くらいです。

緋弾のアリア 2
 緋弾のアリア 2      赤松中学     MF文庫


副題には、「燃える銀氷(ダイヤモンドダスト)」
ネタばれになっているのかな。
どうして燃える銀氷なのか。
それは明かしてはしていけないのか

前巻終わりで、アリアちゃんと白雪さんが険悪な雰囲気になっているところから、この巻は始まり、白雪さんが、魔剣という存在から狙われているという情報の元、アリアちゃんがボディガードを買って出る。ついでに我らのキンジくんも。
二人の女の子に挟まれ、実に羨ましくもあり、その熱気を暑苦しく感じる最中、着実に敵が迫ってくる。

キンジくん自主的にヒステリアモードになちゃう。
そこで、それをしたら、どうなるのか。
読んでいて手に汗を握ってしまった。


・ 依頼なんて関係ない。俺は、白雪を守る。白雪だから、守りたいんだーどうしても。俺のこの熱い、熱い、想いを……白雪に受け入れてほしい。

通常モードのキンジくんもきもいと感じているようだけど、かっこいいでね。その台詞は、なんとか殺しですよ。

・ 可愛いアリアを置いて逃げられるほど、俺は理性的なタイプじゃないんでね。

ここまで、来ると読んでいて笑ってしまった。
またまた大物の敵も出てきました。
スケールがでかいですねえ。
友情芽生えました。
ここで涙腺が緩んだ。

・ 俺がお前のことをキライになるー? それだけは、ありえない

抜き出したい言葉だらけ。
いいです。本当にいい。
笑いも入っていますけどね。
戦いは異次元になっていますねえ。
どうしてなんなでしょう。
あれあれ、それで決着。

・ 何時間でも、こうしていてあげるよ。
泣き虫さんが、落ち着くまでな。
優しく、優しく……撫でていてあげよう


いいですね。
本当にお馬鹿ですね。

自分の好き度は9です。