影法師

自分が読んだ本の感想を書くブログです。
優しいコメントは大歓迎です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アカウント
広告
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12
 伏見つかさ    電撃文庫


この物語は完結しました
さすがに、そこに走っていったのは驚いた。
大々的のメディアミックスを展開している作品において、こういう勇敢な結論を示したのは、画期的なのかも知れません。

自分は、速攻で取り敢えず流し読みをしまして、そのうち、じっくり読んでみるつもりでいます。

本屋でこの本が、出た時に即買うことを決めたのは、正解だったとは思いますが、12巻にもなる話になり、途中でだれたとこもなく、完結までもっていったのは、いたく感心しました
作者の力量が並々ならない証拠でしょう。
そして、ぶれのなく、突き進んだ。
非常に勇気を貰える作品であると思いました

文中では、盛んにエロゲーが登場し、登場人物たちも、怪しげな雰囲気になりますが、自分の中で想像するこの本の登場人物たちは、いたって健全な精神の持ち主であり、生命力が溢れた子たちだと思ってます。
幼馴染と妹が、壮絶なバトルを繰り広げ、実際に格闘することで、折り合いをつける。
どこぞに、ユーモアと、若さ、今の空気を楽しんでいる姿がかいま見えます、
陰湿さが、全くないのですね。どうして無いのかな。
この物語を読んでいつも不思議に思う。
そういうように、真っ直ぐに、自分の課題をクリアしていけたら良いと、誰も感じるのにね。

この物語は、盛んにいろんな人物が、登場し錯綜するけど、大きな意味でも好意を描いている話のような気がしました
愛している、好きだ。という言葉を表するよりも、漠然たる好意。引力みたいなものを感じる。
京介は、女の子たちを振ってしまっていますが、それでも、誰も、京介への好意を失わないような気がするのは、言葉を表するよりも、もっと大きな引力で引き付けられている魅力があるからのような気がします。

本当に、自分は、この物語は、堪能させて頂きました
ありがとうございました。
ゴールデンタイム 2
 竹宮ゆゆこ     電撃文庫 


随分間隔が空いたような気もしますが、2巻目を読んだ。

前巻の展開からすると、万里くんと香子が、接近していくというのは予想できたのですが、柳澤くんが、急速に背景へ隠れていくスピードが速いことは、予想できませんでしたね。
この物語の中には、多くの謎があります、それがどうなっていくのかという楽しみがありますが、単純な話ではなさそう。いやいや「とらドラ」のように、直球なのかは、まだ判断はできませが、作者の語りの上手さがあるので、どっちでも良いことなのかも知れませんね

次巻をいつ読むかは、個人的には未定です
人形たちの夢 前編
 水鏡希人       電撃文庫


本屋に行ってみると、水鏡先生の新作が出てた

この本の内容は、アマゾンでのレビューでは

エオノーラは苛立っていた。上手いこと依頼を引き受けたと思っていたら、姉の頼みとかでとんだ厄介者がルシャまでついてきていたからだ。お目付け役の記者兼作家のミュンを疎ましく思いながらもやってきた依頼主の屋敷で、エオノーラは数多の不気味な人形と、自らをアルタシアと名乗った不思議な少女に会う。こうして、彼女達は切れて漂うばかりだった幾つもの運命の糸に巻き込まれていく

だそうです
アルタシアちゃんが持っている人形を想起すると、数年前のアニメの「極上生徒会」のブッチャンを思い出した
ヒロインのエオノーラさんがやる気なんですが、少し痛い人で、敵役でもある相棒のミュンさんの助けを必要としている訳ですな
この本の前作をまだ読んでいないのに気がついた、読まないといろいろ不都合ですね
今度読んでみましょう
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 11
伏見つかさ        電撃文庫


11巻目を読んだ。
まず感心したのは、11巻にもなっても、まだ整合性のある話が綴られていることですね。
これだけ書きついでも、足りないピースを埋めるような話を構築できているのは、作者の只ならな力量のなせることなんでしょう。
ただし、完成度の高い話になってしまっているので、この一冊だけを読んでも、楽しめることはなくなってしまっているとも言えるかも。
高坂兄妹の性格が、物語の現在と真逆くらいに変わってしまっていますしね
その性格の変転があった事件が、この巻の話なんだけど、中学生の京介さんは、頑張り過ぎるくらいの熱血漢であり、自分が只者じゃないと自惚れてしまっているのですが、そこはそれとして、魅力的な人物であるとも言えます
現在のもてもての状況の下地は、やはりあったのだと言えるのですが、京介さんにとっては、麻奈実さんの存在も大きいのだとも納得できます

この物語の人が惹かれるという行為は、只の色恋の次元を超えてしまっていて、レゾンデーテルにもなっています。必要不可欠の存在にお互いになってしまっている気がします
なので、ぶつかり合いの熾烈でありますし、最終巻の次巻での激しい展開への予兆は、最後で見て取れます
自分などは、おいおいどうするのだとおも思うのですが、ここにきて伸びてきた、依然から京介氏にとっては、大きな存在の麻奈実さんが指しきりそうな気がしてきた
何を指しきるのか、自分でも良く分からないのですけどね
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10
 伏見つかさ   電撃文庫


久々に10巻が出ました
心待ちにしていたので嬉しい限りです

楽しく読んだのですが、ふと気づくと、京介さんが、壮烈にもてもてになっている状況に愕然としてしまいますね
もう暑苦しいです。
作者は、京介さんに最終的に誰を選ばそうとしているのか。
誰を選んでも、大失恋じゃないか、黒猫さんの発言通り、ピー何とか何とかで結末をつけるのか。
それじゃ、リアルエロゲーの世界に突入じゃないかい。

この巻ではあやせさんがヒロインでありまして、あやせさんの高感度が、自分的にも大幅にアップしました
やっぱあやせさんんもいいじゃん。とかなんとか思ってしまいましたね。
この巻でも、最後は謎の一言{全然謎ではありませんが}で次巻へ続くになりました。
次は、沙織さんが活躍するのでしょうか。それとも麻奈実さんがメインになるのか。
楽しみです


アクセル・ワールド 8 運命の連星
久しぶりに更新します。

アクセルワールドも8巻になりましたが、まだまだ明らかになっていない謎がある上に、更に大きな謎が提示されたような、深まったような気がします。まだまだ続くと見てよいのでしょうか。
個人的には続いて欲しい話なので嬉しい限りです。
ですが、最後の最後で、急展開して危機的状況を演出するのは、相変わらずです。個人的には、その前にもっと仲間たちと喜びを分かち合うような場面がじっくりあった方が良かった。
またまた2,3ヶ月間、気を揉んでしまいそうです。

読後、改めて振り返ってみますと、おじさんには、かなりハードルが高い話だなあ。と改めて思った。
パソコンですら、不十分にしか使いこなせない身としては、アクセルワールドの世界は、ただただ首肯するだけのものですね。バトル時のどうして、そうなったのかの本文での説明も、ほほぅと思って読み進めるしかないですなあ。
自分は、よくこんな難解なもの読み進めることができたと思ってしまったり。

ハルユキくんは、現実世界でも前向きな少年になっておりまして、どんどん好感度がアップしてますね
こういうとことは、自分としても大変好ましいです。
これからも、どんどん成長していって欲しいです


俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8
伏見つかさ   電撃文庫

アニメ化もされて、今大人気の「俺の妹」の最新刊を読んでみた。
この巻では、前巻の最後での出来事の顛末が書かれているのですが、非常にストイックというか、限定的な話の作りになっておりまして、妹とは何かなどという哲学的主題への考察と言う読み方を許す一方、ぶっちゃけ、のろけ話です。

京介氏が、もてもてなんですが、余り羨ましく感じない展開です。
青少年向けの物語で、これで宜しいのでしょうかね。
私は、ロレンスの「息子と恋人」の顛末とよく似たものを感じました。
つまるところ、愛するが故に別れなくてはいけない。(ちょっと違いますが)
本文では、妹の為という理由がある訳なんですが、その理由が、桐乃さんに対しては良いけど、兄貴では、きもいだけと言われてしまっておりまして、それでは京介氏が哀れ過ぎますね。
兄貴では、絵ずら的に美しくも、かわいくもないからダメと言われてしまうんですね。
揺れ動く思春期の感情の移ろいというものなのかしら。
この物語世界では、美しい、可愛い方が扱いが上等になっております。下克上です。

いろいろと考えさせられました。
自分の贔屓の黒猫さんは、この物語では、今や桐乃さんを凌ぐ活躍でありまして、目立ち過ぎると、自分などは、贔屓を止めたくもなってしまいますね。黒猫さんの可愛い妹も登場しましたし、ますます楽しみな話になってきました。
アクセル・ワールド 7 災禍の鎧
川原礫  電撃文庫

灰が降る中、都城市で買いました。
行くのが大変。あっちこっちで、灰の除去作業をしておられました。
本屋の駐車場にも、灰がたんまり溜まってました。
除去作業が追いつかないのでしょうね。
翻って我が家も、灰がたんまりです

それほど苦労しても手に取って読みたかった、前巻からの続きなんですけど、そこからどうなったかは、いろいろあって、新たな登場人物が出てきたりして、そもそもこの巻の前振りの話もありまして、過去の曰わくが語られていまして、それが後半に繋がっていくのですが、そこはダイナミックというか、そこでタクムくんが、再度なんやらかんやら。
ネタバレを恐れて、全然書けません。
意外性がたっぷりあるし、伏線の張られ方が上手いんです。
ハルユキくんがモテモテな状況は加速しています。

そして、そこで終わるのか。というところで続きなんですね。
いろいろと何とかして欲しいものです。
ゴールデンタイム 1

ゴールデンタイム 1    竹宮ゆゆこ   電撃文庫


竹宮先生の新シリーズが出たとうので読んでみた。
(近くの本屋では売り切れでしたので、30キロ先の町で購入しました)

やっぱり人気ありますね
ですが、毛色が普通のライトノベルとは少し違っているので、初めてライトノベルを読むような人は勘違いをしてしまうかも。

では、普通のライトノベルとどこが違うのかというと、主人公が大学生であって、新歓生勧誘をかこつけた新興宗教のセミナーの取り込みを扱っていたり、主人公が過去の記憶をなくしていたのが暴露されたりてます。
更にヒロインが主人公ラブではないのですね。その友人に猛烈なアタックをする話になってます。

普通のラノベでは、主人公は中高校生だし、ヒロインは密かに主人公を想っていたりするのですがねえ

おっさんの自分にとっては、大学生も中高生の違いも大してないので、違和感は感じないのですが、大学生というと大人の世界に精一杯背伸びしている時代だし、受験から解放された痴呆になっている時代でもあります
今の若者にとっては高校がほぼ全入いなりつつあるし。大学も専門学校を含めれば過半数が通う時代なので、大学生が昔の高校生のような感じなっているから、これでいいのかな

個人的には、制約が少なくなっている大学時代を描く話というのは、ドラマチックに感じないし、魅力を感じませんねえ
話題になって、映画化もされた「鴨川ホルモー」も、その良さがダイレクトには難かった。これが高校生が主人公だったら、興味ある話なのになあと思った。
お馬鹿をするにも、高校生だと青春も一ページを感じるものも、大学生がお馬鹿をすると、ええ年してなんやねん。という世間の感じを引きずるからなんでしょうね

竹宮先生のこの本は、そういうそこはかとない違和感を織り込んで書かれているような気がしましたねえ
完璧に服装も決めて講義に現れたヒロインを見る周りの目は、冷たい。本人もそこのところは自覚があり、内心は普通のい大学生活にも憧れもある様子。
そこのところのギャップの描き方は、今まで読んだことのない感じはしました
肩肘を張らずに普通になれば良いのに。

大人の世界になりつつある大学生にとっては、自己責任で好きにすればというのが基本なので、そういう面倒臭い人は置いていかれてしまうんですが、それでも、この先に話を展開しようとする。
そういうところに、自分は魅力を感じました
「とらドラ」のように主人公とヒロインを結びつけるだけでは、解決はしないのではないでしょか
次巻が楽しみです

アクセル・ワールド 5
アクセル・ワールド 5   川原礫    電撃文庫 


この巻は、なんといっても熱いバトルと、宇宙への向けてのチーム一丸となったレースのシーンが読み所でした。
加速世界におけるイベントの一種なんでしょうけど、そこには隠された意図があるのでしょうけど、そこはこれからの話なんでしょう。

軌道エレベーターのアイデア自体は知っていたのですが、その世界の説明を黒雪姫が、してくれる箇所は、自分にはさっぱり分からなかったかも。
つまることろ、ついて行けていないですね。
アイデアの奔流が素晴らしいです。
えいこらっと、ハルユキくんがエントリーしてしまい。チームでの参加となってしまった訳です。
導かれて、どんどん高みへ昇っていっております。
本人の人間関係も、本人のスキルも高みに昇ってます。

ハルユキくん自身は、自分の方ばかり得をしていると思っているみたいですが、実のところ、周りの人たち、特に黒雪姫に良き影響を与えている明白です。
その辺の描き方は上手いですね
王道の話のような気もします。

チームがどんどん結束していく姿が手に取るように分かりますね。
スカイ・レイカーさんが、この巻では大きな位置を占めていました。
他、諸々気にかかることが多々ありましたが、これからの展開で明らかになっていくでしょう
ハルユキくんの身に重要な出来事が起こってます。
これからの展開が大変だ。
楽しみに待ってましょう。